世帯年収910万円以上で自公合意、高校無償化の所得制限基準

自民、公明両党は8月27日午前、国会内で政調会長会談を開き、高校授業料の無償化制度に設ける所得制限について世帯年収910万円以上とすることで合意した。所得制限で浮いた財源を使い、年収250万円以下の低所得者層に公立高校で年間13万円、私立高校で14万円の給付型奨学金を創設することになった。政府・与党は秋の臨時国会に関連法の改正案を提出、2014年度導入を目指す。文部科学省は新入生からの適用を想定している。

みんなが私塾界!