和歌山県教委発表 2校を廃校し、新たな単位高校の開校へ

和歌山県にある伊都高校と紀の川高校(定時制・通信制)が、2015年度に生徒募集を停止する、と県教委は発表した。停止に至った経緯は、両校ともに出願者数の減少傾向が続き、定員割れを起こしており、今後も更なる減少が予想されたため。また、伊都高校の敷地内に新しく普通科の単位制高校の開校を発表。新たな高校の募集枠は3つ、定時制(昼間)、定時制(夜間)、通信制。県民の意見を得た後、今年10月に再編実施計画の策定を行う。

みんなが私塾界!