国際教養大で秋の入学式

秋田市雄和椿川の国際教養大学で1日、鈴木典比古・学長兼理事長が就任後初めてとなる国際教養学部の秋季入学式と、専門職大学院入学式が開かれた。式には学部生31人、大学院生23人と、28か国からの留学生161人が出席。

鈴木学長は式辞で、今年2月に亡くなった初代学長の中嶋嶺雄氏をたたえるとともに、4年間研鑽を続けることで確実に世界に飛び立てると新入生を激励した。秋季入学者のうち秋田県出身者は学部生で2人、大学院生が6人。新規留学生は、米国60人、台湾17人、英国14人などとなっている。

みんなが私塾界!