地域密着経営を日本酒から学ぶ?

15日、パワースポットでも知られる大国魂神社(東京都府中市)で全国各地から集めた日本酒の試飲会が開かれる。主催は東京都酒造組合(東京都立川市)。各地の酒造組合の協力を得て、42都道府県、152の酒造が作った日本酒が並ぶ。大国魂神社境内には酒造りの神様である松尾神社があることで、酒ゆかりのある場所で日本酒文化を広めながら、地元住民との交流を深めることが目的。塾経営の特性とも言われる、「地域密着経営」の一つの参考にしてみてはいかがでしょうか。

みんなが私塾界!