経団連、大学生の就活時期の繰り下げルールに拘束力なし

大学生の勉学の時間を確保するために、就活時期の繰り下げを柱とした新しいルール作りを模索していたが、その最終案が固まった。今回は就活時期の繰り下げに対しての罰則等は設けず、加盟企業への呼びかけにとどめるといった内容。新ルールは全企業に対象を広げる半面、一律の「呼びかけ」にとどまる。賛同企業の名前を公表した倫理憲章に比べ拘束力は弱まる見通しだ。
これまでの倫理憲章でも違反企業への罰則はなかったが、ルールに賛同する企業を募り、その企業名を公表していた。足並みが揃うのはいつの日であろうか。

みんなが私塾界!