大人の知らぬところで蔓延「ネットいじめ」

世界でアプリ利用者が10億人を突破した無料通信アプリ「LINE」などスマートフォン向けチャットアプリを中心に起こる子ども間の「ネットいじめ」が問題視されている。友達同士で短文や写真などのやりとりが気軽におこなえるアプリだが、その気軽さが悪口や誹謗中傷を助長し蔓延している。中には、不登校になってしまう学生や暴行事件にまで発展するケースもあるという。学生に人気なアプリだけに、生徒のマナーが問われる。大人の目の届かない範囲で起こる「ネットいじめ」問題、今後さらに深刻化が懸念されている。これまで以上に保護者や先生による子どもへのマナー教育が重要となっていくだろう。

みんなが私塾界!