プロ講師が語る授業を、名古屋で全国模擬授業大会 10月26日・27日に

全国模擬授業大会のサイトより

全国模擬授業大会のサイトより

毎年5月に栃木県足利市の開倫塾が主催する模擬授業大会では、全国から多くの塾講師が指導技術向上のために集まり、各講師の持つ指導力を競わせ高め合っているが、この主旨に賛同した愛知県の野田塾が主催する「全国模擬授業大会 in 名古屋」が、10月26日と27日の2日間に渡って開催される。

初日の10月26日には、プレイベントとして、野田塾の津島本部2号館3階の大ホール(愛知県津島市西柳原町3−1)で、野田塾の山田涼二先生の講演と「各教科のプロ講師が語る授業の神髄」と題して、英語は野田塾の濱口将成先生、数学はむぎ進学教室の岡田純彰先生、国語は今年5月の全国模擬授業大会で最優秀賞を受賞した、創学舎の村田寛之先生がそれぞれ登壇する。翌27日の模擬授業大会は、場所を名古屋市内の学校法人名古屋学院 名古屋中学校・高等学校(名古屋市東区砂田橋2−1−58)に移し、全国の腕に自信のある講師達が、英語、数学(算数)、国語、理科、社会、ルーキー(新人)の6部門に分かれて、15分間の模擬授業を繰り広げながらトーナメントを勝ち上がっていく。

模擬授業は、話や板書の内容が生徒にとって「わかりやすい」「ためになる」「おもしろい」といったポイントが審査員によって審査される。授業で最も重要とされる「新単元の導入」部分の授業を行い、生徒のやる気をより引き出せる講師が上位に進む。同大会は、競技には参加せず、勉強の場として模擬授業を見学することもできるので、若い講師たちには、全国で一流と呼ばれる講師の授業を見る絶好の機会となるだろう。

このイベントの詳細(実施要項)・申し込みについては、野田塾のウェブサイトにある特設ページでから確認できる。

【全国模擬授業大会 in 名古屋】特設ページ

みんなが私塾界!