広島県 公立高の募集定員を発表 2年連続減少

広島県教委は、2014年度の公立高校募集定員を発表した。中学卒業見込み者は2万7302人で前年度と比べ94人増、全日制の定員は1万6960人で前年度と比べ80人減った、学級数は424学級。入学定員の減少は2年連続。

選抜1(推薦)は来年1月20~23日に願書受け付け、2月4日に面接などを実施、2月7日に結果を通知する。

選抜2(一般)は2月14~19日に願書受け付け、3月6、7日に学力検査などを実施、同13日に合格発表。

選抜3(2次募集)は同18、19日に願書受け付け、同20日に作文と面接を実施し、合格発表は同24日。

みんなが私塾界!