東北大学を中心に被災地復興に向けた取り組みが盛んに

東北大学の学長に昨年就任した里見進氏は、大学の経営戦略「里見ビジョン」を今年8月発表した。その中で7本の柱の1つに「震災からの復興に寄与する多彩な活動を展開する」こと挙げている。これは、復興の段階に応じた研究を着実に推進していくことを目指し、東北大が核となり、東北の各大学と協力して、地域復興の取り組みに関わっていくというものだ。

みんなが私塾界!