声を文字に NTT発、耳の不自由な生徒への新システム

難聴や失聴である児童への授業を対象に、授業中の先生の声を文字に変えて電子黒板やタブレット端末上表示させるシステム「こえみる」をNTTが開発した。音声から文字への正しい変換は、約8割以上。すでに実証実験として国内で2校が導入している。実験期間は、年末まで。システム利用価格は、100万円前後/1校あたり。2014年度からの実用化を目指し、各地の対象となる特別支援学校などへ導入を促している。

みんなが私塾界!