慣用表現の誤答目立つ 文化庁調査

文化庁は9月24日、2012年度の国語に関する世論調査の結果を公表した。慣用表現の使われ方について、誤用が多いとみられる慣用句の意味を選択式で5つ出題したところ、「噴飯もの」「流れに棹さす」「役不足」「気が置けない」の4つの慣用句で、誤った回答が本来の意味を示した回答を上回った。また、擬態語の使い方では、「きんきんに冷えたビール」「ざっくりとした説明」など本来の意味とは異なる擬態語を使ったことがある人は3人に1人に上ることも明らかになった。

みんなが私塾界!