配偶者の有無でがん患者の生存率に影響 米研究

がんと診断された患者に配偶者がいる場合、独身の患者に比べて生存率が高くなるとの研究結果が新たに発表された。診断、治療などそれぞれの段階で、配偶者の存在がプラスに作用すると考えられる。米ボストンにあるブリガム・アンド・ウィメンズ病院の放射線腫瘍医、ポール・グエン博士らが、がんの診断を受けた米国人70万人を対象に、配偶者の有無と経過の関連を調べた。それによると、結婚している患者の死亡率は独身の患者に比べ、20%も低いことが分かった。これは一部の化学療法をしのぐ効果に相当するという。

みんなが私塾界!