経常益1割増 今期30億円に リソー教育

リソー教育の2014年2月期の連結経常利益は、前期比1割増の30億円程度にとどまる見通し。4割増の38億円としていた従来予想より増益幅が縮小する。採算が良い夏期講習が不振で、全体の利益を押し下げる。売上高は220億円程度と前期並みを確保するもよう。従来予想は13%増の245億円。塾は教室の使用時間が増える夏期講習や冬期講習の利益率が高く、収益に大きく影響する。夏期講習の不振が響き、13年3~8月期の業績も前年同期を下回ったもようだ。下期にかけて人件費など経費抑制を進め、採算改善を目指す。

みんなが私塾界!