タブレット販売、パソコン逆転へ

米マイクロソフトの基本ソフトウィンドウズXPのサポート打ち切りが近づくパソコンからの乗り換えも多い。米アップルなどの新モデル登場も控え、販売台数は年内にもパソコンを逆転する勢いだ。タブレットとパソコンを合わせた情報端末の国内販売台数でタブレットのシェアは8月に45%となり、この1年で24ポイント上昇した。タブレットの勢いに国内パソコンメーカーは押されっぱなしだ。ソニーでは家庭用のノートパソコンの需要の約1割がタブレットに流出している。5月に750万台とした13年度の世界販売見通しを8月には620万台に下方修正した。

みんなが私塾界!