教育長を「責任者」に位置づけ 中教審中間報告

中央教育審議会は10月15日の総会で、教育委員会制度改革に関する中間報告をまとめた。教育長を地方教育行政の「責任者」と位置づけ、首長に任免権を与えることを明記。その一方、教育行政の最終権限を持つ「執行機関」については、現在の教育委員会から首長に移す案と、権限を縮小した上で教育委員会に残す案の両論を併記した。

みんなが私塾界!