いじめ「目には目を」だと逆効果

いじめ防止に取り組むNPO法人「ジェントルハートプロジェクト」(川崎市)が9月にまとめた調査で、「やられたらやり返せ」と教わった子供はいじめの被害者や加害者になりやすいという傾向が浮かび上がった。小学生でいじめの加害・被害両方を経験した児童のうち「やられた時はやり返してよい」と教わったことがあるのは44.7%で、中学生では54.2%。いじめたり、いじめを受けたりした経験がない子供でみると、小学生の71.8%がこうした指導を受けていなかった。15都道府県の小中学生ら約8400人を調べた。

みんなが私塾界!