孫への教育資金贈与、4万件突破 開始半年で2600億円に 

信託協会が10月17日に発表した「教育資金贈与信託」の9月末時点の契約数は4万162件、契約金額は2607億円に達した。制度が始まった4月の3797件、245億円から半年で10倍以上に増加した。手数料を無料にしているため「贈与信託自体は赤字商品」との声が多い。各行は贈与を受けた子や孫が就職した際に給与振込口座として利用してもらうなど、若年層との取引拡大を狙う。祖父母向けに遺言信託や資産運用ビジネスにも力を入れる。

みんなが私塾界!