教育再生実行会議 大学入試改革2試験、名称「達成度テスト」に統一検討

教育再生実行会議は10月21日、現行の大学入試センター試験に代わる新テストと、高校生の学習到達度を確かめる基礎学力テストの2つの名称を「達成度テスト」に統一し、同じ組織が統括する方向で検討に入った。高校での学習定着度をみる到達度テストを「基礎」、大学入試用のテストを「発展」と位置付け、双方のテストに高校の学習内容を適切に反映させるため、同一組織による一体運営が有効と判断した。会議は10月末に最終的な提言をまとめ、安倍首相に提出する方針。新テストの具体的な制度設計は中央教育審議会(中教審)で議論する。

みんなが私塾界!