速読日本一は宮古島の能力開発型予備校セレブラム 「速読甲子園2013」表彰式で

株式会社SRJは
「速読甲子園2013 第9回全国速読・速解力コンテスト」の決勝戦と表彰式を10月27日に東京都千代田区の東京国際フォーラムで開催した。「速読甲子園」とは「速く、深く、正確に読むことができる達人」になるため、全国から2万人が日本一を目指して競い合う全国規模の大会。速読に取り組む学習塾などに通う受講生の総力を結集し、教室対抗で速読日本一を決める団体戦と、
学年別で「速く、正確に読み解く」速読日本一を決定する個人戦がある。

開会の挨拶で、SRJの堀川直人代表は受賞者全員に称賛の言葉を贈り、昨年に引き続きスペシャルゲストとして登場した女優の菊池桃子さんが会場を湧かせた。受賞者たちは、速読をやっていて良かったことを聞かれ「勉強だけでなく、スポーツにおいても視野が広がった」「国語の文章題が早く読めるようになり、 テストの点数が上がった」など速読による成果を語った。

今年は、全国47都道府県1650教室から、昨年の参加者を上回る2万人を超える速読受講生が日本一に挑戦した。
その全国2万人を勝ち抜き、速く正確に読み解いた日本一が表彰された。

表彰式には受賞者をはじめ、保護者や受賞した生徒が通う学習塾の先生も参加した。団体戦で見事金賞に輝いたのは、沖縄県宮古島の「能力開発型予備校セレブラム 宮古島校」だ。

  • 受賞団体

 団体戦全種目総合
  金賞:能力開発型予備校セレブラム 宮古島校
  銀賞:第一ゼミナール 南海和歌山市駅校
  銅賞:第一ゼミナール 学園前校

そのほかの受賞者は日本速脳速読協会のウェブサイトへ。

みんなが私塾界!