市進、栄光など大手進学塾、「学童保育」の設置急ぐ

市進ホールディングスや栄光ホールディングスなどの大手進学塾が小学生を放課後に預かる「学童保育」事業を相次ぎ拡大する。学童保育所に入りたくても入れない小学生は潜在的に約40万人と言われており。大手進学塾はその受け皿になり、本業との相乗効果を図る。学研ホールディングスと市進ホールディングスは共同で11月中旬に都内で学童保育所を新設する。進学塾最大手の栄光ホールディングスは9月、都内に低料金の学童保育所を設けたのを皮切りに、今後3年で首都圏の15カ所に開設する。

みんなが私塾界!