下村博文文科相 「匹敵」発言を釈明 「立派な田中正造に申し訳ない」

山本太郎参院議員が秋の園遊会で、陛下に直接、手紙を渡した問題で、下村博文文部科学相が「田中正造が直訴して大問題になったことに匹敵する」と批判したことについて、下村文科相は11月5日の閣議後会見で「率直に言って例えが悪く、誤解されやすかったと反省している。田中正造は議員辞職し、立派な覚悟をもって直訴した。山本さんはそういう覚悟ではなく、単なる無知だったのかなという感じがする」と釈明。自身が田中正造を引き合いに山本議員を批判したことについて「比較するのは、田中正造に対して申し訳なかったという思い」と述べた。

みんなが私塾界!