学力調査最下位の沖縄 元凶は夜更かし?

沖縄県教委が7~9月、県内のすべての公立の小学5年と中学2年、その保護者を対象に生活習慣を調べたところ、「家族が車で送ることが多い」と答えたのは小5で26,2%、中2で33,9%いた。「家族で外食する際に行く店」という質問では、「居酒屋」という回答が小5で7,3%、中2で6,3%。どちらも8割強は「レストラン・食堂」だった。このほかにも、中2で平日の自宅学習が1時間未満の生徒が67,7%にのぼる一方、運動部員で週7日部活をしているのは40,7%と、部活動の比重の大きさも浮かびあがった。

今年度の全国学力調査で、沖縄は小中学校計8科目のうち6科目で全国最下位。同時に行われた調査でも、「規則正しい就寝」をしている率は全国最下位、「夜10時前の就寝」の割合も43位だった。

みんなが私塾界!