中教審「達成度テスト」本格議論を開始

大学入試改革を検討する中央教育審議会の高大接続特別部会が11月8日開かれ、教育再生実行会議が段階別評価の達成度テスト(仮称)の導入などを提言したことを受けた議論が本格的にスタートした。委員から問題点を指摘する意見も出た。議論の中で、大学入試センター試験の1点刻みからの脱却に賛同する声が相次いだものの、浜口道成名古屋大学長は「問題解決能力も測れるようなテストにしないと、今のセンター試験をなぞるだけだ」と指摘した。

みんなが私塾界!