首都大学東京・大学教育センター教授大森不二雄氏 大阪市教育委員長に

大阪市教育委員会は11月12日、新しい教育委員長に、教育委員で首都大学東京・大学教育センター教授の大森不二雄氏を選出。大森氏は橋下徹市長の信頼が厚く、「学校選択制」や「全国学力調査の学校別成績公表」など一連の市の「教育改革」を先導した。任期は14日から1年間。大森氏は元文部科学省官僚。現役官僚として著作「『ゆとり教育』亡国論」で国の教育方針を批判し、注目を集めた。昨年橋下氏が実施した教育委員の全国公募で58人から選ばれた。

みんなが私塾界!