気象研が新手法 集中豪雨の予測  水蒸気量  電波で判定

気象研究所の瀬古弘研究室長らは、気象庁の観測用レーダーを使い、送電鉄塔などの障害物で反射して戻ってくる電波から、水蒸気量の増減傾向を判定。コンピューターを使って雨の量や降る地域の計算に反映させる。瀬古室長らは送電鉄塔などで反射して戻ってきた電波の状態から、空気の屈折率を計算。屈 074-344 exam
折率の時間変化から、水蒸気量の増減傾向を見いだせることを確認した。この情報を気温や風などのデータとともに計算モデルに入れ、2008年8月4日の首都圏の雷 C4090-450 exam
雨を再現実験。実際の雨と傾向が一致した。

仙台市で開く日本気象学会で21日に発表する。

みんなが私塾界!