世界初の民間気象衛星 ウェザーニューズ 打ち上げ成功

ウェザーニューズは11月21日、民間の気象情報会社としては世界で初めて、超小型の観測衛星の打ち上げに成功した。衛星は来年1月から運用を始め、6月には北極海の観測を始める予定。北極海の海氷が減ったことで夏に航路として使えるため、衛星からのデータを使って海氷の動きを見極め、航行可能なルートなど精度の高い情報を海運会社などに提供する。北極海航路を使えば、欧州―アジア間の航行距離が、スエズ運河経由の約半分、喜望峰経由の3分の1程度に短縮でき、燃料消費削減につながる。

みんなが私塾界!