働くママ、都内5割 全国40位

総務省は11月22日、女性・高齢者の就業状況を発表。2012年の都内の25~44歳までの育児をしている女性の有業率(仕事をしている人の割合)は50.0%で都道府県別の比較では40位と低水準。女性の有業率を年齢別にみると育児期の主婦層が前後の年代より下がる「M字型」になっている。都内では、このM字型の底と前後にあたる25~44歳までの育児をしている女性の総数は56万7500人。このうち有業者は28万3500人だった。都道府県別では有業率が最も高かったのが島根県の74.8%。都内では仕事と育児との両立が難しい環境が影響しているとみられる。

みんなが私塾界!