児童手当世帯に一時金 子ども1人あたり1万円で調整

安倍政権は11月29日、近くまとめる経済対策に、「児童手当」を支給している世帯に対して「子ども1人あたり1万円」の一時金を配る措置を盛り込む方向で調整に入った。児童手当は、中学生以下の子どもがいる家庭が対象。子ども1人当たりの月額は、3歳未満で1万5千円、3歳~小学生では第2子までが1万円、第3子以降は1万5千円、中学生では1万円。年収が「夫婦と子ども2人の世帯は年収960万円」といった基準を上回ると、子ども1人あたり月5千円に減額される。

みんなが私塾界!