「数学に興味」37%

OECDは調査の一環として、学習意欲・環境などに関するアンケートを実施。数学について聞いたところ、「数学に興味がある」とした日本の生徒は37.8%で、65カ国・地域で下から4番目に低かった。同じ調査をした2003年より5.3ポイント改善したものの、成績上位のシンガポール(77.1%)や上海(60.6%)とは開きがあった。「数学の本を読むのが好き」(16.9%)、「数学の授業が楽しみ」(33.7%)との答えは、ともにOECD平均を下回った。「将来の仕事の可能性を広げてくれるから学びがいがある」とした回答は51.6%。

みんなが私塾界!