京大、英語での授業30%に 目標は2020年

京都大は、学部や大学院での英語による講義を、現在の5%から2020年までに全体の30%に増やす目標を掲げた。今年度、学部の教養教育科目を担う「国際高等教育院」を設置。ここで外国人教員を来年度から5年間、毎年20人ずつ採用する計画だ。また、全学で20年までに、留学生の受け入れは現在の約2千人から4300人に、外国人教員は240人から500人に、外国人研究者は2950人から6千人に、それぞれ倍増させる方針だ。世界トップレベルの大学としての地位確立をめざす国際戦略の一環で、留学生の派遣・受け入れや、外国人教員の数も倍増させる計画だ。

みんなが私塾界!