ロボット科学教育、レゴが開発した最新版ロボット教材を使った授業を2014年1月から開始

ロボット教材を使ったオリジナル・カリキュラムで科学を学ぶ学習塾を全国的に展開するロボット科学教育は知育玩具のレゴ社が販売する最新ロボット教材「教育版レゴRマインドストームR EV3」を使用した新しいカリキュラムに基づいた授業を2014年1月から開始すると発表した。授業は、新しいカリキュラムでの学習を希望するクレファスの在籍生(小学3年生から高校3年生)に提供される。今回は、レゴ社が開発したロボット教材の最新版に合わせて子どもたちが興味を持って学べるよう、精度のよいセンサーを使用した本格的な計測実験やプログラム演習などの内容を追加している。
ロボット科学教育では子供が自ら手を動かしてロボットを製作するという体験学習の場を提供することに軸を置き、独自のカリキュラムを作成している。理数系の原理原則を習得することはもちろん、習得した知識を実社会にどう生かし、どのように社会に貢献できるのかを子どもが自ら考えられるよう工夫しており、カリキュラムには早稲田大学理工学術院・高西淳夫教授のアドバイスもある。
ロボット科学教育についての詳細はこちらまで

みんなが私塾界!