体罰、教員処分最多2253人 12年度、前年度の5,6倍

文部科学省の調査で、2012年度に体罰をして懲戒処分などを受けた公立小中高校などの教員が、前年度の5,6倍にのぼる過去最多の2253人に上ることが分かった。処分人数の内訳は、懲戒処分、免職3人(前年度0人)、停職16人(同20人)、減給90人(同52人)、戒告67人(同54人)。それ以外の訓告などが2077人(同278人)だった。計2253人は全体の0,24%。校種別では、小学校652人(29%)、中学1093人(49%)、高校488人(22%)など。被害を受けた児童生徒は4686人だった。

みんなが私塾界!