文科省計画、20年度から「英語授業、中学から英語で 小5から正式教科」

文部科学省は12月13日、「英語教育改革実施計画」を発表した。小学校英語の開始時期を現在の5年生から3年生に前倒しし、5、6年生で英語を正式教科とする。5年生からは現在の中学校の学習内容を一部取り入れ、週3時限を割いて読み書きを学ぶ。中学校での英語の授業は英語で行うとし、高校の内容も一部採用。達成レベルを英検「3級程度」から「準2級程度」に引き上げる。高校も授業内容をより高度にし、卒業時に「英検2級か準1級程度」。

みんなが私塾界!