「人材競争力」の世界ランキング、首位はスイス

経営大学院インシアードが、優秀な人材を育て、呼び寄せ、引き留めておく「国際人材競争力指数」の世界ランキングを発表、スイスが世界一になった。2位に入ったのはシンガポール。上位はデンマークやスウェーデン、ルクセンブルク、オランダ、英国、フィンランドなど、いずれも欧州の国が独占し、9位に米国が入った。今回新設された指標では、教育や政策、生活の質など全48項目に基づき、世界103カ国に順位をつけた。スイスは全項目で高い評価を得ているが、特に高等教育に注力する姿勢が高い評価を受けた。

みんなが私塾界!