石川県能登高に公営塾 来年度開設

能登町は進学率や公務員試験の合格率向上を図る公営塾を来年度、能登高に開設する方向で同校と協議を開始した。背景には12年度の 大学等進学率は48・0%(4年制大学3・3%)で、県内全日制公立高の平均53・1 %(同46・1%)を下回り、初年度に96人だった入学者は、今年度は52人とほぼ半減し、同校の保護者説明会や アンケート調査では、就職や進学に不安を抱く意見が目立っていた。町内に大規模な進学塾がないことから、大学進学を目指す生徒が近隣の飯 田、輪島、七尾高などに流れているとみて、公営塾開設の計画に踏み出した。町の計画では、大学進学と公務員試験の2コースを設け、外部講師が同校の校舎内で週 1回2時間程度、指導に当たる。来年4月の開設を目指して、町と同校で講師の人選や指 導内容などについて検討し、来年度当初予算案に必要な費用を盛り込みたい考えだ。

みんなが私塾界!