国立競技場  誰もが走れるラストチャンス 31日 イベント

2019年ラグビー・ワールドカップや20年東京五輪に向けた改築のため今夏から解体が始まる東京・国立競技場で、誰でも走れるイベント「ラストメモリアルゲームズin国立」が31日に開催される。この日は国立競技場が一般向けのイベントで使用できる最後の日。「一度は国立で走りたい」という夢を実現する貴重なチャンスだ。

種目は▽100メートル▽1000メートル▽400メートルリレーの3種目。記録は公認されないが、正式な競技会と同様の写真判定装置で計測される。年齢や陸上経験、レベルなどを問わず、小学生以上なら誰でも参加が可能。リレーは男女混合チームでも出場できる。

競技は午後5時開始。ウオーミングアップも競技場のトラックで可能。参加料は記念品つきで▽100メートル、1000メートル=1人3500円▽400メートルリレー=1チーム(4人)1万円。参加料の10%や収益金は日本障害者スポーツ協会に寄付される。

参加申し込みは16日までに、ホームページからの登録と、参加料の振り込みが必要(申込者多数の場合は締め切り日が早まることもある)。

詳細や参加申し込み、問い合わせは大会ホームページ(http://www.japan-ultramultievents.com/lmg-kokuritsu/)まで。

みんなが私塾界!