鹿児島県立楠隼中学・高校、都内でも説明会 全寮制男子校 全国から生徒を募集

鹿児島県肝付町に2015年4月に開校する県立楠隼中学・高校が、全国から生徒を募集している。公立としては全国初の全寮制男子校で、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と提携し、航空宇宙教育のモデル校を目指す。受験指導を徹底しながら「宇宙学」も学べる学校だ。2月に東京都内で説明会が開かれる。楠隼中高は、大隅半島にある県立高山高校の敷地内に開校する。高山高は16年3月末で閉校。同校の校舎を改築し、個室・空調完備の寮を新設する。総工費は48億円。初年度は中高各60人を募集。寮費は1カ月4万円台を見込んでいる。2月1日午後2時半から、東京都千代田区平河町の都道府県会館で予約不要の学校説明会を開く。問い合わせは同県教委高校教育課(099・286・5376)。

みんなが私塾界!