プレッシャーを感じた言葉1位は「今までの努力を無駄にするな」

『ストッパ』受験応援プロジェクト(ライオン株式会社)は、大学受験シーズンに先駆け、下痢の経験がある現役の大学1、2年生200人、および全国の予備校・塾講師従事者と経験者(以下、予備校講師と略)200人に「大学受験とプレッシャーの関係性に関する意識調査」を実施した。
「合格できそうだと思っていた大学に合格しなかった人」の5人に1人が「入試のプレッシャーによる体調不良」が原因で、受験本番で実力が発揮できなかったことがわかった。

【調査概要】
・調査期間:2013年11月28日~12月3日
・調査方法:インターネット調査
・調査対象:過去1年以内に下痢経験のある現役の大学1・2年生200人(推薦入試合格者除く)
社会人かつ全国の予備校・塾講師従事者と経験者(アルバイト経験も含む)200人

■大学受験の試験結果に“番狂わせ”を経験した人は63.5%

「受験の結果に“番狂わせ”があったか」を学生に聞いたところ、63.5%が「合格できないと思っていた大学に合格できた」「合格できると思っていた大学に合格しなかった」という“番狂わせ”があったことがわかった。それに対し、予備校講師に、担当した生徒の中で、受験結果に“番狂わせ”があったと感じたかを聞いたところ、43.9%が“番狂わせ”が起こっていると回答し、予備校講師が認識している以上に“番狂わせ”が起こっていることがわかった。

また、「合格できると思っていた大学に合格しなかった人」に原因を聞いたところ、「勉強不足だった(65.2%)」「入試のプレッシャーによる集中力の低下(39.1%)」「入試のプレッシャーによる体調不良(19.6%)」をあげており、「合格できると思っていた大学に合格しなかった人」の5人に1人が“体調不良”をあげてます。

■受験生にプレッシャーを与えないように気を遣った予備校講師は93.5%その反面、講師の言葉からプレッシャーを受けたと感じた受験生は73.0%!

予備校講師に「受験生にプレッシャーを与えないように、受験生に掛ける言葉などに気を遣ったか」を聞いたところ、93.5%が気を遣っていると回答した一方で、受験時に講師の言葉にプレッシャーを感じた学生は73.0%と、意識に差がみられる。講師の気遣いも、逆に受験生のプレッシャーになっている現状が明らかになった。

なお、受験生がプレッシャーを感じた言葉は、

1位「今までの努力を無駄にするな」

2位「絶対に合格しろ」「普段通りの力を出せばいいんだから」

3位「(入試直後に)どうだった?」でした。

みんなが私塾界!