尖閣と竹島「固有の領土」明記検討 文科省

文部科学省は1月14日、尖閣諸島と竹島について、教科書作成の指針となる中学と高校向け学習指導要領の解説書に「我が国固有の領土」と明記する検討を始めた。下村博文文科相が閣議後の記者会見で「我が国の将来を担う子供たちが日本の領土を正しく理解することは極めて重要。改定した場合は外交ルートを通じて近隣諸国には丁寧に説明したい」と述べた。同省は2014年度の中学向け教科書検定から適用させる方針だが、中国、韓国との関係を悪化させる可能性が高く、政府内には慎重意見もある。

みんなが私塾界!