熊本でICTを使った公開授業、全国から500人参加

ICT機器を使った授業の研究発表会が1月16日、熊本県の高森中学校を会場に行われた。同町の全4小中学校での取り組み紹介や公開授業に全国各地から約500人の教職員が参加、ICT活用への関心の高さが伺える。まず体育館で、中学校の体育、音楽、英語や小学校でのICT機器の活用法や学校ホームページでの情報発信など八つの活用事例を紹介。体育では跳び箱や柔道の授業で生徒の映像を個別に撮影、生徒が自分の動きを電子黒板で確認できたり、音楽では作曲ソフトを使って思いおもいの曲を作ったりする取り組みが披露された。

みんなが私塾界!