教授会の役割、法で制限 文科省検討

文部科学省は、大学の教授会の審議事項を明確化して、役割を事実上制限するため、学校教育法改正に向けた検討を始めた。教授会については、大学の経営に関する部分まで審議したり改革に異論を唱えたりするケースがあるなどの指摘があり、中央教育審議会なども見直しの必要性を指摘している。文科省は今月24日に召集される通常国会の期間中に、改正案を提出したい考え。教授会の再定義は、省令で対応する方針だった。しかし、改革のスピードを速めるためには、省令よりも拘束力の強い法改正が必要と判断した。

みんなが私塾界!