女子高生の4割、自宅外で勉強

東京ガス都市生活研究所が子どもたちの勉強場所について調査、女子高校生では「自宅以外」が41%を占め、「自分の部屋」(34%)を上回った。調査は昨年7月、約1600組の親子に「最も勉強しやすい場所」を尋ねた。小学生がいる家庭では6割超に子供部屋があったが、勉強場所は「リビング・ダイニング」が5割で最多だった。男子は年齢が上がるにつれて自分の部屋で勉強する割合が増えており、女子との違いも浮き彫りになった。同研究所は「カフェやファストフード店などが新たな勉強場所として定着しつつある」とみている。

みんなが私塾界!