降水観測衛星を公開 JAXA

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は1月17日、鹿児島県南種子町の種子島宇宙センターで、地球のほぼ全域の降水データを観測する全球降水観測計画「GPM」の主衛星を報道陣に公開。2月28日に同センターからH2Aロケット23号機で信州大や香川大、筑波大、鹿児島大などが開発した計7基の小型衛星とともに打ち上げる。

みんなが私塾界!