学童保育で運営基準 厚労省

厚生労働省の社会保障審議会の専門委員会は、「放課後児童クラブ」の運営基準に関する報告書をまとめた。3月までに省令で基準を制定し、新たな子育て支援制度のスタートに合わせ、平成27年度から運用を始める。報告書は、1クラスの定員は40人程度までが適当だとし、年間250日以上実施するよう要請。実施する時間は、平日は3時間以上、休日は8時間以上を原則にするのが望ましいとした。また、専任職員を2人以上配置し、最低1人は保育士や教員の資格を持ち研修を受けた人を充てるべきだとした。

みんなが私塾界!