Category: 塾ニュース|塾・企業

全国模擬授業大会で115名の講師が授業力競う グランドチャンピオンは野田塾の柴田よし美先生

本州への接近が危ぶまれた台風27号が東の海上に逸れ、透き通るような青空に恵まれた10月27日(日)。野田塾(愛知県津島市、小川英範塾長)が主催する「全国模擬授業大会 in 名古屋」が開催された。大会会場の名古屋中学校・高等学校(名古屋市東区)には、全国から集まった腕に自信のある115人の講師が出場し、日頃から磨きをかけてきた授業力を競い合った。

模擬授業大会の会場となった名古屋中学校・高等学校

模擬授業大会の会場となった名古屋中学校・高等学校

3回目を迎える秋の名古屋大会

「全国模擬授業大会」は例年5月に、開倫塾(栃木県足利市、林明夫塾長)の主催で行われているが、2011年からは野田塾の主催で10月にも大会が行われるようになり、この秋の大会は今年で3回目を迎えた。

開会の挨拶をする野田塾の小川英範塾長

開会の挨拶をする野田塾の小川英範塾長

開会にあたって、野田塾の小川英範塾長は「この大会を通して塾の先生のステータスを上げ、技量を上げるために、私が40年かかって学んできたことを、次の世代を担う皆さんには10年で身につけてもらいたい。そしてその次の世代の皆さんには5年で身につけてもらいたい」とこの大会に懸ける思いを語った。また「塾教育が日本の教育にますます貢献していくことを確信している。これからの塾講師としての人生をしっかりとサポートしていきたい」と大会の主催者として挨拶した。

予選で算数の模擬授業をする鹿島塾の岩間麻美先生

予選で算数の模擬授業をする鹿島塾の岩間麻美先生

今回の大会は、英語、数学(算数)、国語、理科、社会、ルーキー(新人)の6部門に分かれて、15分間の模擬授業を繰り広げながらトーナメントを勝ち上がっていった。模擬授業では、話や板書の内容が生徒にとって「わかりやすい」「ためになる」「おもしろい」といったポイントが塾業界で長年にわたる経験を積んだ26名の審査員が、授業で最も重要とされる新しい単元の導入の授業を見て、生徒のやる気をより引き出せる講師を評価した。

白熱する予選、19人が決勝に

 

数学の部門別決勝戦で模擬授業をする練成会グループの田中博先生

数学の部門別決勝戦で模擬授業をする練成会グループの田中博先生

予選は19の教室に分かれて行われ、各教室5人〜8人の中から1人決勝戦に進出できる講師を決める。その後、各部門毎の決勝戦が行われ、最終的にルーキー部門を除く5部門からグランドチャンピオン決定戦進出者が決まった。

グランドチャンピオン決定戦が行われたチャペル

グランドチャンピオン決定戦が行われたチャペル

決定戦に進出したのは、国語部門が野田塾(愛知県)の柴田よし美先生、数学部門が創学舎(千葉県)の森清志先生、社会部門が創学舎(同)の矢上有一先生、理科部門がトーゼミ(埼玉県)の並木貴弘先生、英語部門がうすい学園(群馬県)の沓澤愛先生の5名で、同校のチャペルで出場者と見学者を合わせ500名の観客が見守るなか最終決定戦が行われた。

 

 

チャペルで開催されたグランドチャンピオン決定戦の様子

チャペルで開催されたグランドチャンピオン決定戦の様子

決定戦を前に、ここまで勝ち残ったポイントについて聞かれた並木先生は「教室全体を巻き込んでやることをポイントに置いた」と話し、国語部門の柴田先生は「この舞台に立つことが夢だったので、できればもうひとつ上のステージに立ちたい」と意気込みを述べた。5人の授業はいずれも甲乙付け難く、審査員も時折講師から振られる質問に応えながら授業に参加し、真剣な表情で審査を行った。

グランドチャンピオンに輝いた野田塾の柴田よし美先生

グランドチャンピオンに輝いた野田塾の柴田よし美先生

5人の授業が終わり最終審査を行っている間に、ルーキー部門で最優秀賞を獲得した鹿島塾の能村晋平先生が世界史の「啓蒙思想」の授業を披露した。能村先生は「新人離れした」という前評判通り、堂々とした授業を見せてくれた。

グランドチャンピオンは僅差の闘い

最終的な審査結果は、3位が1043ポイントを獲得した沓澤先生、2位が1086ポイントで並木先生、そして1108ポイントを獲得し、見事グランドチャンピオンに輝いたのは柴田先生。持ち前の明るさで、その場にまるで小学校4年生の生徒が居るような雰囲気で、国語辞典の引き方の授業を行った。

総評を述べる愛知県私塾協同組合の山田真司理事長

総評を述べる愛知県私塾協同組合の山田真司理事長

この後、各部門毎の優秀賞とグランドチャンピオンの表彰式が行われ、大会の総評を述べた愛知県私塾協同組合の山田真司理事長は「非常に素晴らしい授業をたくさん魅せていただいた。柴田先生の授業は4年生の国語の授業ということで、ひと言ひと言分かりやすい言葉で、丁寧で分かりやすい授業を展開していただき感動した」と話した。また、19歳のころから30年近く講師を続ける山田氏自らの経験を語り「今は生徒のために日本の将来のために頑張っていく塾が残っていく時代だと思っています。私たちはこれから将来の日本を背負って立つ子どもたちに、夢や希望を与える素晴らしい授業を提供していかなければならない」とエールを贈った。

プレイベントが開催された野田塾津島本部校

プレイベントが開催された野田塾津島本部校

模擬授業大会の前日には、野田塾の津島本部校でプレイベントが行われた。このプレイベントは、過去の大会でグランプリを獲得した野田塾の山田涼二先生、濱口将成先生、むぎ進学教室の岡田純彰先生、創学舎の村田寛之先生がそれぞれ、自身の授業に対する考え方や構築の仕方をレクチャーし、エキシビションとして模擬授業を披露し200名の講師が聞き入った。

プレイベントで模擬授業を披露する野田塾の濱口将成先生

プレイベントで模擬授業を披露する野田塾の濱口将成先生

今大会に9名の講師が出場したトーゼミの大森登希義代表は、大会を終えて「この大会に参加することで組織の方向性が定まり、一丸となって力を合わせることができた」と全国模擬授業大会に参加することの意義を話してくれた。

速読日本一は宮古島の能力開発型予備校セレブラム 「速読甲子園2013」表彰式で

株式会社SRJは
「速読甲子園2013 第9回全国速読・速解力コンテスト」の決勝戦と表彰式を10月27日に東京都千代田区の東京国際フォーラムで開催した。「速読甲子園」とは「速く、深く、正確に読むことができる達人」になるため、全国から2万人が日本一を目指して競い合う全国規模の大会。速読に取り組む学習塾などに通う受講生の総力を結集し、教室対抗で速読日本一を決める団体戦と、
学年別で「速く、正確に読み解く」速読日本一を決定する個人戦がある。

開会の挨拶で、SRJの堀川直人代表は受賞者全員に称賛の言葉を贈り、昨年に引き続きスペシャルゲストとして登場した女優の菊池桃子さんが会場を湧かせた。受賞者たちは、速読をやっていて良かったことを聞かれ「勉強だけでなく、スポーツにおいても視野が広がった」「国語の文章題が早く読めるようになり、 テストの点数が上がった」など速読による成果を語った。

今年は、全国47都道府県1650教室から、昨年の参加者を上回る2万人を超える速読受講生が日本一に挑戦した。
その全国2万人を勝ち抜き、速く正確に読み解いた日本一が表彰された。

表彰式には受賞者をはじめ、保護者や受賞した生徒が通う学習塾の先生も参加した。団体戦で見事金賞に輝いたのは、沖縄県宮古島の「能力開発型予備校セレブラム 宮古島校」だ。

  • 受賞団体

 団体戦全種目総合
  金賞:能力開発型予備校セレブラム 宮古島校
  銀賞:第一ゼミナール 南海和歌山市駅校
  銅賞:第一ゼミナール 学園前校

そのほかの受賞者は日本速脳速読協会のウェブサイトへ。

小田急とSAPIX提携 高架下に学童保育施設

小田急電鉄は、子どもを預かるだけでなく、学習補助を充実させた学童保育施設を開業する。場所は経堂駅(東京・世田谷)の高架下。共働き家庭などの小学生を放課後に預かる。「小田急こどもみらいクラブ supported by ピグマキッズ」の定員は1日あたり40人程度を想定。指定する小学校への児童の迎えなど、安全に配慮したサービスも用意し、SAPIXの通信教育「ピグマキッズくらぶ」の教材を使い学習指導を行う。料金設定は週1~5日の利用回数に応じて月額1万円台から6万円程度の利用料を予定している。

新潟県に30年ぶりの私立高 開志国際高等学校、来春開校

新潟県に30年振りとなる私立高等学校が2014年4月に開校する。学校名は「開志国際高等学校」(新潟県胎内市長橋上439-1、池田祥護理事 長)で、県内のNSGグループが母体となっ
http://www.francedoudouneboutique.fr ている学校法人。「世界を見据えた、生徒一人一人の人間力育成」を目指し、「医学科進学コース」「国際リーダー コース」「アスリートコース」の3コースに特化した独自の教育システムを構築する。

同校の教育理念に賛同した国内外の有力な機関や識者が学校の運営に携わるとして、東進衛星予備校との連携を前面に出し、寮を完備して全国からの生徒 受け入れも行うとともに、学校外の指導にも重点を置く france doudoune boutique といい、24時間365日のサポート体制のもと、生徒一人一人の志の実現を目指す。

詳細は開志国際高等学校のウェブサイトへ。

開志国際高等学校のウェブサイト

開志国際高等学校のウェブサイト

文部科学省、「土曜授業」で学校と学習塾の連携を後押し

全国学習塾協会の「塾の日シンポジウム2013 in TOKYO」で

公益社団法人全国学習塾協会(安藤大作会長)が10月14日に行った「塾の日シンポジウム2013 in TOKYO」で、文部科学省生涯学習政策局社会教育課の坪田知広課長は、土曜日の教育活動の推進について、地域社会や産業界と連携し体系的で継続的なプログラムを実施していくと話した。

公益社団法人全国学習塾協会の安藤大作会長

公益社団法人全国学習塾協会の安藤大作会長

文科省は、今年11月を目途に学校教育法施行規則の改正を行い、これまで以上に土曜授業への取り組みをしやすくするとともに、質の高い土曜授業実施のための支援策や地域における学習やスポーツ、体験活動など様々な活動の促進のための支援策を講じることにより、子どもたちにとってより豊かで、有意義な土曜日授業の実現を目指すという。

いよいよ塾と学校が連携していく機会が来た

文部科学省の来年度の概算要求には、土曜授業推進事業と地域の豊かな社会資源を活用した土曜日の教育支援体制等構築事業を合わせて、およそ20億円を盛り込んでおり、大分県豊後高田市で月3回行われている「学びの21世紀塾」の取り組みをモデルにして、市民講師を中心とした講座の設置や、確かな学力の定着や体力づくりの機会を提供し、地域の子どもに平等な学習を保証して格差を無くそうとしている。

文部科学省生涯学習政策局社会教育課の坪田知広課長

文部科学省生涯学習政策局社会教育課の坪田知広課長

坪田氏は「いよいよ学校と塾が連携していく機会が来ました。一部の自治体では連携してはいけないという誤解もあるが、学校の授業ではできない発展的な学びの機会を塾に担っていただきたい」と話し、「堂々と連携が図れるように文科省としても背中を押していきたいので、是非とも協力をお願したい」と会場に集まった学習塾関係者に呼びかけた。

文科省は、第2期教育振興基本計画等を踏まえ、すべての学校区で学校と地域が組織的に連携・協働する体制づくりを進めて行くにあたり、今後の土曜日の教育支援体制等の構築や、学校支援地域本部や放課後子供教室の取り組み内容の充実に向けて検討を行い、また、中央教育審議会生涯学習分科会の下にワーキンググループを設置して、今後の教育支援体制や活動のあり方について検討を行っていくことになっている。ただ、各地域の自治体への周知も含め、地域コーディネーターの協力が不可欠であるため、坪田氏は「事業構築にあたって、ぜひ塾の皆さまからご意見、ご協力をいただき、成功事例を作って普及させていきたい」と話した。

概ね評価できるが、取り組みは慎重

塾の関係者からは、子どもたちの健全育成を目指す立場として地域に貢献でき、活性化にもプラスの効果を期待できるとして、概ね文科省の取り組みを評価する声は多かった。一方で、全国学習塾協会の安藤大作会長は「国などの許認可を必要とせず事業が出来る業界だけに、公たる事業の一翼を担うには、少なくとも業界内部で自主基準を設け、業界全体として社会の中で信頼を担保される努力をしていくことは不可欠」として、手放しで喜べない業界全体の抱える現状について語る。

数年前から地域の公立小学校との連携授業を行っている、わたなべ英数塾(福島県いわき市)の渡辺稔塾長は「学校の先生方は生徒に指導する責任を負う立場から、民間事業者が学習指導という核心部分に入り込むことの困難を解消するために、各地域の教育委員会と学習塾関係者とが十分なコンセンサスを得る必要があり、各校の校長や教職員に周知徹底することともに、連携の密度を上げていくことが必要」といい、公教育との連携に大きな壁が残されていることを明かす。

大阪府大東市で行われている「学力向上推進事業」

大阪府大東市で行われている「学力向上推進事業」

しかし、同協会九州沖縄支部が中心となって、学校が夏休みに入ってからの数日間、佐賀県の公立中学校に塾の講師を派遣し「夏期特別授業」を実施しているほか、4年前から大阪府大東市の「学力向上推進事業」で、土曜日に小学4年生から6年生の児童と中学生を公民館に集めて学習指導を行っている同近畿支部などの活動を見ると、地域ごとに少しずつ連携が広がって行っている様子も窺える。また、学習塾の特徴を活かす取り組みとして、千葉県学習塾協同組合の西出一信理事長は「一人の生徒を小学生・中学生・高校生になるまで長い間継続して指導している塾も稀ではありません。そのノウハウは「小中接続」および「中高連携」が課題となってきている現状に対して何らかの役割を担えるのではないでしょうか」と語る。

今後、学校と塾との連携が深まっていくなかで、継続的に活動が広がっていくことを期待したいところだが、長崎県佐世保市の学習塾「智翔館」の加納達也総塾長は「地方では質の高い教科指導を求めて塾に支援を依頼する学校もあるが、それを認める教育委員会はごく少数ではないか」と公と民が連携を広げていく際の課題を挙げる。また、NPO塾全協東日本ブロックの沼田広慶理事長も「文部科学省と経済産業省で作成されつつある民間教育事業者に対するガイドラインと合わせて、今回の支援活動もこうした視点から注意深く見守りたい」と公と民の連携強化を慎重に受け止める意見も多いことから、本誌としても11月から動き出す中教審のワーキンググループの動きには注目していきたい。

「海外で働きたい」子どもが5割超 全国学習塾協会が調査

──全国の学習塾に通う生徒にアンケート

今年設立25年を迎えた公益社団法人全国学習塾協会(安藤大作会長)は、10月14日に浅草ビューホテル(東京都台東区)で「塾の日シンポジウム2013 in TOKYO」を開催した。その中で、全国の学習塾に通う小学生から大学生までの計2,523名を対象に、今年8月15日から9月25日にかけて行った「国際化時代」に関するアンケートの調査結果を発表した。

[グラフ]今までの海外経験について発表によると有効回答の2,176件のうち、およそ73.8%の1,606名が「海外に行った経験がない」と答えた。海外に行った経験のある584名のうち、およそ96.5%が家族や友人との旅行を含む1ヶ月未満の短期間で、渡航の目的は「異文化の体験」と「語学力を高める」ため、という回答が多かった。

また、「海外に出たくない」と答えたのは全体の11.3%で、そのうち海外に行ったことがない子どもは、91%に登った。海外に出たくない理由(複数回答可)の中で多かったのは「関心がない」が39%、「費用の問題」と「怖いから」が同じ33.3%だった。この回答理由には、諸外国に対する誤解や情報不足も要因の一つにあると考えられる。

[グラフ]将来、海外で働きたいと思いますか?一方「海外で働きたいか」を訪ねたところ、国や地域や期間による条件付のものも含めると「海外で働きたい」が56・3%で過半数を占め、「働きたくない」41.9%を上回った。働きたい期間は「1年以上2年未満」16.8%、「1年未満」16.7%、「3年未満」8.2%と比較的短期間が上位を占めた。渡航の目的を見ると「自分を成長させるため」という回答が29.2%で多かったものの、「働きたい国」では「先進国」が40.1%と多かった。

これは、教育を通して海外の国々の生活様式や文化の違いにについて、しっかりと伝えられていないということが考えられる。また、外国は恐いところで、留学するためには、生活費も含め、たくさんのお金がかかるという認識は、情報不足や先入観といったものが要因として考えられる。

しかし「将来働いている職場から海外派遣を命じられたら従うか」を聞いたところ、「喜んで従う」「命令なら仕方なく従う」という回答を含め「従う」と答えたのは69.5%と大半を占め、「断れないなら退職する」と答えた5.6%を大きく上回った。「退職する」と答えたうちの86.8%は海外未経験だったことからも、未知の世界に対する恐怖があるようだ。

今回の調査にあたって集計と分析を行い、調査結果を発表した全国学習塾協会関東支部の井原大平氏は「教育においては、語学教育の見直しと、日本と世界各国の文化の違いについて教えることが必要となってくるのではないか。現在は、語学ができないから海外に行かない、海外に行ったことがないから語学ができない、というグローバル教育における負のスパイラルが働いているのではないか」と、シンポジウムに参加した民間教育関係者に問い「だからこそ、大人が子どもの手を引いて、海外に行くために背中を押してあげるべきではないか」と訴えた。

 

【アンケートの集計方法と主旨】
公益社団法人全国学習塾協会に加盟する、全国の学習塾に通う小中高校大学生2523名からアンケートを収集し、「小学生」「中学生」「高校生」「大学生」を、それぞれ「海外経験あり」「海外経験なし」「男子」「女子」で16項目に分け詳細集計を行った。「小・中・高・大」の属性ならびに、「海外経験」のあり・なし、「性別」の記載のなかった347件については、無効として集計から除外した。集計に当たっては、データの正確性、信憑性を高めるため「同一の場所」で「同一のルール」に基づいて「同一人物」が責任を持って集計し、全国学習塾協会の複数人のチェックを行った。

[調査期間]2013年8月15日〜2013年9月25日
[対象]全国の「塾に通う」小中高校生。及び卒業生等を含めた大学生以上。
[集計分析期間]2013年9月10日〜2013年10月10日

学習塾・教育業界で活躍する女性だけの勉強会「塾女研究会」 10月27日に京都市で開催

全国の学習塾、教育業界で働く女性たち、そして女性社員の活性化を望む塾経営者を応援することを目的に2012年7月に発足された、女性だけの勉強会「塾女研究会」。同研究会を主宰するのは、個別指導塾専門ブランディング企業の株式会社WiShip(京都府京都市)だ。

第3回「塾女研究会」の様子

これまでに3回開催され、毎回満席となる同研究会が、10月27日(日)、京都市山科区で「第4回塾女研究会」を開催する。今回も全国の活躍する塾で働く女性(塾女)たちからの申し込みが殺到し、残席もわずかという人気ぶり。

同会を企画した武田星子氏は「今回も内容盛りだくさんで皆様をお待ちしております。」と話す。30歳前後の現役塾女たちが一堂に会し、自身のキャリア観や今後の展望について語る「活躍する塾女研究」は、今後のキャリアを考える若手塾女にとって、勇気をもって前に進んでいける内容になりそうだ。

研究会の主旨、その他情報については、塾女研究会のウェブサイトもしくは、武田星子氏のブログへ。

■第4回 塾女研究会〈開催概要〉
開催日時:10月27日(日)
10:00~12:30 【第1部】塾女研究会
13:15~15:15 【第2部】ランチ交流バイキング(希望制)
会 場:アスニー山科(JR山科駅下車徒歩2分 ※JR京都駅から1駅)
参加費;4200円(税込)
定 員:40名

プログラム:
(1)活躍する塾女研究vol.4
「活躍する塾女集結!Around30の本音」
第一線で活躍するアラサー統括塾女4名が集結。
今までのキャリア・アラサー塾女の葛藤・これからの展望など、トークセッション形式で語る。

(2)塾女環境研究 (新企画)
「女性が働き続けるためには」
実際どうすれば働き続けられるのか。社会・会社・塾女・塾メンすべてのバランスを考慮に入れて、塾女達自身が真剣に考える。

(4)塾女力講義vol.4
『周りに「女だから。」「若いから。」と言わせない、信用の築き方』
保護者との協力関係の築き方、社内での同僚や上司・部下との関係の築き方で悩む塾女は多いもの。300名を超える生徒数を集めた、主宰者である武田氏本人が講義を行う。

SRJ 速読の秋期定例研修会、東京・大阪で開催

毎年秋に開催される㈱SRJの秋期定例研修会が、今年も10月27日(東京)、11月10日(大阪)の2会場で行なわれる。

特別講演では、㈱白石学習院代表の永田英樹氏が『1桁から250名への躍進!受講生V字回復、速読運営の裏側を語る』と題した講演に加え、新聞・雑誌・テレビでも活躍するカリスマ講師、セレブラム教育システム㈱代表の新山広明氏より『カリスマ講師が初めて語る!異郷の離島でも2年で140名集客、学校連携の秘訣』について「速読の成果発信・集客の秘訣」について紹介する。

当日は、㈱SRJ代表の堀川直人氏より、『速読新システム~速読Before After~』として、進化した速読の新サービスが発表される。

《開催概要》

◎  東京会場
日時:2013年10月27日(日) 14:30~19:00
会場:東京国際フォーラム ホールD7

◎  大阪会場
日時:2013年11月10日(日) 14:30~19:00
会場:グランフロント大阪  タワーC8階

▼プログラム
・  速読新システム発表
・  <特別講演>
『1桁から250名への躍進!受講生V字回復、速読運営の裏側を語る』
永田英樹氏(白石学習院代表)
・  <特別講演>
『カリスマ講師が初めて語る!異郷の離島でも2年で140名集客、学校連携の秘訣』
新山広明氏(セレブラム教育システム)
・  意見交換会兼懇親会

【参加お申込み】

日本速脳速読協会ホームページ
http://www.sokunousokudoku.net/partner/form/まで。

【セミナー詳細・お問合せ】
株式会社SRJ http://www.srj-net.co.jp/
Tell:03-5425-6534 (担当:前泊、新田)

私塾・私学・企業 教育ネット要覧(第13集)出版祝賀会

学習塾業界最大規模の全国統一名簿となる「私塾・私学・企業 教育ネット要覧」の第13集が本年6月に出版されたことを受け、去る9月22日に私学会館アルカディア市ヶ谷に出版祝賀会および報告会が開催された。

全日本学習塾連絡会議 坂田義勝代表幹事

全日本学習塾連絡会議 坂田義勝代表幹事

須原英数教室 須原秀和塾長
須原英数教室 須原秀和塾長

本会には、特別来賓として下村博文文部科学大臣が招かれ特別講演が行われたほか、多くの私塾・私学関係者、企業・団体が集まり出版を祝った。

第一部の報告会では、全日本学習塾連絡会議代表幹事の坂田義勝氏の開会挨拶のあと、文部科学省生涯学習政策局楠目聖氏、大阪教育大学教授加賀田哲也氏の来賓挨拶を行い、須原英数教室塾長須原秀和氏による「塾教育-実践報告と今後の展望-」と題した記念講演が行われた。

下村博文 文部科学大臣

下村博文 文部科学大臣

第二部の祝賀懇親会には、下村博文文部科学大臣・教育再生大臣が来賓とし参加され、特別講演も行われた。下村大臣の特別講演では、冒頭、東京オリンピック・パラリンピック担当大臣就任に関連し、オリンピック東京招致に関しメディアでは紹介されなかった関係各部門の努力や、ブエノスアイレスで最後の最後まで行われたロビー活動の様子が紹介された。

 

大島九州男 参議院議員

大島九州男 参議院議員

そして7年後のオリンピックの開催が日本全体の転換点とすべく、特に教育分野において現在進行形で進められている教育改革の現状報告がなされた。特に今回の特別講演では、教育改革は、本会に参加されているような教育に関わる全ての企業、団体の意見を十二分に集約し進めていくことを強調された。

 

 

渡邉美知太郎 参議院議員

渡邉美知太郎 参議院議員

来賓には下村大臣のほかに、大島九州男参議院議員、渡邉美知太郎参議院議員をはじめ、近藤彰郎東京私立中学高等学校協会会長や森本一民間教育連盟会長など数多くの教育分野に力を入れる議員、私学私塾団体の代表が名を連ねた。

 

佐藤編集長に花束贈呈そして最後に今回の教育ネット要覧の編集長である佐藤勇治氏への花束贈呈で本会は盛況のうちに閉会した。教育分野で活躍する政治家、私学、私塾、企業・団体が一同に会する機会は数多くない。今回の教育ネット要覧の出版祝賀会は、日本のこれからの教育をより良いものとするために関係者が親交を深め結束を固める時間となったことは間違いなく、佐藤編集長の業界への貢献は出版以上に大きな価値をもたらしたといえるだろう。

 

  • 「私学・私塾・企業 教育ネット要覧(第13集)」概要
    編集者:佐藤勇治
    発行日:2013年6月10日
    発行者:全日本学習塾連絡会議
    問い合わせ先:〒182-0022 東京都調布市国領町5-49-1
    教育ネット要覧編集部(調布学園内)
    TEL:042-482-1481  FAX:042-482-1618

絵本の電子書店 学研と仏社提携 12月メド

学研ホールディングスはフランスの児童書大手のバイヤール社と組み、12月を目標に米アップル社のiOS向けに電子書店アプリを用意し、絵本の電子書店事業を始める。「ももたろう」や「おおきなかぶ」といった名作絵本などを販売する。