Category: 塾ニュース|生活

社会課題をテクノロジーで解決する人々の輪を広げるコンテスト「SOCIAL FIGHTER AWARD」 1次審査通過6作品を発表

株式会社LITALICO(東京都・目黒区 長谷川 敦弥 代表取締役社長)が開催している、テクノロジーの力で社会課題にアプローチしていく課題解決型コンテスト「SOCIAL FIGHTER AWARD(ソーシャルファイターアワード)」は、「学校」をテーマにした第一弾の1次審査を実施し、最終審査会に進むファイナリスト6作品を選出した。6作品の制作者・チームがプレゼンテーションを行う最終審査会は9月17日(月・祝)に、東京・品川の日本マイクロソフト株式会社で開催する。

「SOCIAL FIGHTER AWARD」公式サイト: https://socialfighter.jp/

■ 「SOCIAL FIGHTER AWARD」
リタリコは「社会課題をテクノロジーで解決する」ことを新たな挑戦として掲げ、2017年4月より発達障害のある子どもを支援するスマートフォンアプリの配信を世界150以上の国と地域で開始。これまでに8タイトルを配信、シリーズ累計ダウンロード数は100万を超えており、世界中で利用されている。

アプリの提供を通じて、国内のみならずグローバルからもこうしたプロダクトが求められていることを感じる一方、教育・福祉の領域にはまだ解決されていない社会課題が多くあり、解決に向けてテクノロジーの力が有効に使われているサービスはまだまだ少ないと考えている。

世の中の困り事を一つでも多く、早く解決するためには、技術の力を活用した社会課題解決の輪を広げていくことが重要と考え、テクノロジーの力で社会課題に立ち向かう人を「SOCIAL FIGHTER(ソーシャルファイター)」と定義し、多くの人々によって社会課題がゼロの世界を目指すコンテスト「SOCIAL FIGHTER AWARD」を開催することとなった。コンテストの開催により「課題・アイデア」と「テクノロジー(技術)」が出会い、様々な社会課題(ビジネスシーズ)と技術(テクノロジー)が掛け合わされる場をつくることで、社会が前進する環境をつくることを目指す。

■ 141作品の応募から、1次審査を行い6作品のファイナリストを選出
初回の開催となった今回は、「学校にある課題を攻略せよ」をテーマに、4月5日から7月31日まで応募を受け付け、当初の想定を上回る141作品の応募があった。ひとつずつの応募作品に対し、「IMPACT(独自性の高さ・驚きやワクワクがあるか)×TECHNOLOGY(技術の凄さ・完成度の高さ)×POSSIBILITY(課題に対する実現性・応用可能性の高さ)」の3つの視点で一次審査を実施し、ウェブサービスやVR、ARの仕組みを活用したものなど、ユニークな6作品を最終審査に進むファイナリストとして選出した。

■ 豪華審査員が参加する最終審査プレゼンを9/17(月・祝)開催 一般聴講を受付中
ファイナリスト6作品の制作者・チームは、日本マイクロソフト株式会社で9月17日(月・祝)13:30より開催する最終審査会でプレゼンテーションを行い、最優秀賞に当たる「BEST OF SOCIAL FIGHTER賞」と部門賞を決定。最優秀賞には賞金100万円が贈られる。この最終審査会には一般の方の聴講も可能となっている。教育分野に関心のあるエンジニア・クリエイターの方や教育現場にITの技術を取り入れたいとお考えの方など、関心のある方はどなたでも参加可能で、聴講者投票で決まる部門賞への投票権も与えられる。参加希望の方は公式サイト(https://socialfighter.jp/)内の応募フォームから。

<SOCIAL FIGHTER AWARD最終審査会 開催概要>
日時: 9月17日(月・祝) 13:30~17:30(13:00開場)
会場: 日本マイクロソフト株式会社 品川本社(東京都港区港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー)
聴講参加定員: 250名(先着順)
聴講参加費: 無料

詳細スケジュール(予定):
13:00 開場(受付開始)
13:30 オープニング
13:40 アワード企画趣旨・これまでに開催した関連イベントのご紹介
14:30 最終審査プレゼン
17:15 結果発表・講評
17:30 終了

キッズデザイン協議会 さまざまな社会課題を「子ども視点」で解決 「第12回キッズデザイン賞」受賞作品252点を発表

特定非営利活動法人 キッズデザイン協議会(東京都・港区虎ノ門 山本 正已 会長)は、8月24日(金)に子どもの安全・安心と健やかな成長発達に役立つ優れた製品・空間・サービス・研究活動などを顕彰する「第12回キッズデザイン賞」の受賞作品 252点を、発表した。

2007年の創設以来、「すべての子どもは社会の宝であり、私たちの未来そのものです。」を基本方針に掲げ活動を継続してきた。今回も全国の企業だけでなく、自治体や教育機関・NPOなど様々な団体から応募いただき、累計で応募数は4,549点、受賞数は2,705点となった。

今回は新カテゴリーとして近年増加傾向にあった「アプリケーション・サービス」を独立させ、共働き家庭や不安になりがちな妊娠時期をサポートするサービスなど多数の応募があった。

◆「アプリケーション・サービス」カテゴリーを新設
第12回となる今回、新カテゴリーとして「アプリケーション・サービス」を新設。教育・子育ての分野でのICTの活用が進み、子育て世代に役立つモバイル・アプリや子ども・子育ての世代に役立つ様々なサービスの応募が年々増加しており新設に至った。

◆企業と地域が連携 注目が集まる地域理解・地域交流の取り組み
個人や企業が取り組む地域交流が浸透する中で、近年は企業と自治体による連携が加速し他の自治体や地域でも展開可能な課題解決型の先進例となる取り組みの応募が複数見受けられた。

◆最近注目されているSTEAMなどAI時代に対応した教育プログラム
2020年度、小学校で必修化となる「プログラミング教育」をきっかけに、教育分野で今話題のSTEAM(Science、 Technology、 Engineering、Art、Mathematicsの略)に基いた教育プログラムの応募があった。自らイノベーションを生み出せる、創造性豊かな人材を育成する新たな教育手法に注目が集まっている。

◆保育園や幼稚園の応募は昨年に続き応募増加
待機児童問題を解消すべく全国で保育施設の新設が進んでおり、今回も多くの保育園や幼稚園の応募があった。都市の限られた条件の中で、子どもが健やかに育つ環境づくりや、子どもの身体的発育を促す工夫のある施設などが受賞した。

◆最優秀賞などの発表・表彰式 ※詳細後日発表
日程:9月25日(火) 場所:六本木アカデミーヒルズ
本日の受賞作品の中から、最優秀賞「内閣総理大臣賞」など優秀作品を発表、表彰式を行う。

※これまでの受賞作品をWebで閲覧可能。
URL: http://www.kidsdesignaward.jp/search

延べ参加者約3,000名 ラグビーを小学生と一緒に盛り上げる「AIG Tag Rugby Tour」を三大都市にて開催

AIGジャパン・ホールディングス株式会社(以下、AIG ジャパン)は、今年で6年目となる小学生を対象としたタグラグビー教室「AIG Tag Rugby Tour」を、今年は東京、名古屋、大阪の3箇所で開催する。AIG ジャパンと日本ラグビーフットボール協会(以下、JRFU)は、このタグラグビー教室を通じて、大きな国際大会の自国開催を前に、ラグビーの魅力を子どもたちに伝え、ラグビーの競技人口増大を支援していく。

AIGジャパンは、2013年より日本ラグビーフットボール協会(以下、JRFU)の「ジャパンラグビー グラスルーツパートナー」として、グラスルーツ(草の根)レベルでのラグビー普及を支援している。その取り組みの一つである「AIG Tag Rugby Tour」は、JRFU協力のもと、子どもたちにラグビーの魅力を伝えることを目的に小学1年生~6年生を対象に、毎年全国各地のトップリーグの試合会場でタグラグビー教室を実施しており、過去の参加者は延べ約3,000名となった。

「AIG Tag Rugby Tour」は、子どもたちがラグビー元日本代表のレジェンドや現役トップリーグ選手と一緒に楽しめるタグラグビー体験と、トップリーグの試合観戦で構成している。タグラグビーは、ラグビーと違いタックルがなく、誰でも気軽にプレーできることから、学校教育や地域スてもすぐにグループで仲良く楽しめる内容になっており、ひとりでも多くの小学生の参加を期待している。

■AIGタグラグビーツアー2018について
以下の3箇所で実施する。

申込方法等詳細はトップリーグオフィシャルウェブサイト内の
 下記AIG Tag Rugby Tourページまで。
 http://www.top-league.jp/2018/08/23/aig-tag-rugby-tour-2018-2019/

ドラマ「みかづき」森絵都さんと高橋一生さん、永作博美さんとの記者会見開催

去る2018年8月21日、東京文京区の島薗邸にて、NHKドラマ「みかづき」の記者会見が行われた。
 原作者である森絵都さんと、大島吾郎役の高橋一生さん、大島千明役の永作博美さんが取材に訪れた大勢の記者の前で、ドラマ「みかづき」について和やかに語った。
 会見場所となった島薗邸は、劇中で吾郎の書斎となる。
 会見内容については、続報する。

「みかづき」森絵都さん、高橋一生さん、永作博美さん

左から森絵都さん、高橋一生さん、永作博美さん

■ドラマ「みかづき」
2019年1月スタート、毎週土曜日、連続5回、NHK総合で放送予定。
原作は2017年中央公論文芸賞、2017年本屋大賞2位、の『みかづき』(集英社刊、森絵都著)。
脚本は水橋文美江さん、音楽は佐藤直紀さん、演出は片岡敬司さん。
出演は高橋一生さん、永作博美さん、工藤阿須加さん、大政洵さん、風吹ジュンさん、壇蜜さん、黒川芽以さん他。
制作統括は、陸田元一さん、黒沢淳さん、高橋練さん。
森絵都さん原作の『みかづき』の執筆前から協力させていただいていた私塾界待望の映像化。

算数・数学の自由研究作品コンクール 「MATHコン」(第6回)に日本数学検定協会が協賛

公益財団法人日本数学検定協会(東京都・台東区 清水静海 理事長)は、一般財団法人理数教育研究所が主催している「塩野直道記念『算数・数学の自由研究』作品コンクール」(通称「MATH(マス)コン」)に協賛することがわかった。

【塩野直道記念「算数・数学の自由研究」作品コンクール概要】
名称   :塩野直道記念 第6回「算数・数学の自由研究」作品コンクール(2018年度)
主催   :一般財団法人 理数教育研究所
協賛   :株式会社内田洋行/株式会社学研ホールディングス/
      公益財団法人 日本数学検定協会/カシオ計算機株式会社
応募資格 :小学生、中学生、高校生
      ※海外の日本人学校も含む。
      ※グループで応募する場合は、同学年の応募に限る。
審査   :1.小学校の部
      …低学年の部(1~3年)、高学年の部(4~6年)に分けて審査。
      2.中学校の部
      3.高等学校の部(高等専門学校3年次までを含む)
応募期間 :2018年8月20日(月)~9月7日(金)(当日消印有効)
結果発表 :2018年12月末 公式ホームページ上で発表

※くわしくは、公式ホームページまで。
公式ホームページ: http://www.rimse.or.jp/research/

「進研ゼミ小学講座」とエイベックスがかけ算九九が覚えられる映像学習コンテンツ「歌っておどって九九マスター!ZAN×ZAN×ZAN」を共同開発

株式会社ベネッセコーポレーション(岡山県・岡山市 小林仁 代表取締役社長、以下「ベネッセ」)の「進研ゼミ小学講座」とエイベックス・マネジメント株式会社(東京都・港区 戸口真吾 代表取締役社長、以下「エイベックス」)は、算数の「かけ算九九」と体育の「リズムダンス」にもつながる要素を取り入れた映像学習コンテンツ「歌っておどって九九マスター!ZAN×ZAN×ZAN」を開発した。ダイジェスト版を8月8日より特設サイトにて配信、および全編を「小2講座」9月号教材で受講者に提供する。また、同時展開する「九九マスターフェスティバル(Web)」では、8月20日から同コンテンツを無料配信するとともに、11月30日までインスタグラムにて、全国の小学生からダンスの写真や動画の投稿を募集する。

映像学習コンテンツとインスタグラムでの投稿イベントの概要は以下の通り。

① 映像学習コンテンツ 「歌っておどって九九マスター!ZAN×ZAN×ZAN」
<提供期間>
■ダイジェスト版:2018年8月8日~2019年8月19日
■全編:2018年8月20日~2019年3月19日
<閲覧方法>
■ダイジェスト版・全編:パソコンやスマートフォン、タブレット端末で閲覧できます。
https://sgaku.benesse.ne.jp/sho/all/others/kukufes/?s_oid=pr_kukufes_20180808

■全編:小2講座・9月号教材にて受講者に提供。

※「進研ゼミ小学講座」小2講座9月号では、紙に書く学習が中心の<オリジナルスタイル>受講者にはDVD「九九・えい語わくわくDVD」、デジタル学習中心の<チャレンジタッチ>受講者には専用タブレットへの配信にてお届けします。会員向け情報誌等での歌詞掲載や、出演者からの振付指導やメッセージを通して、「歌っておどって九九マスター!ZAN×ZAN×ZAN」に親しんでいだけるようにしている。
※配信終了日は変更になることがある。

② インスタグラムでの投稿イベント「九九マスターフェスティバル」
<実施期間> 2018年8月20日~11月30日
<投稿方法>
「歌っておどって九九マスター!ZAN×ZAN×ZAN」に合わせて
踊る様子や、九九学習に取り組む様子をインスタグラムにて
「#九九にチャレンジ#九九マスター」で投稿。
「九九マスターフェスティバル」サイト
https://sgaku.benesse.ne.jp/sho/all/others/kukufes/?s_oid=pr_kukufes_20180808
※小学2年生に限らず、どなたでもご参加いただけます。保護者の方が投稿してください。

<参加特典>
 動画投稿者の中から抽選で99名にオリジナルTシャツや、エイベックスアーティストアカデミーのダンススクールの無料体験と入会特典チケットなどをプレゼントします。

東京英語いのちの電話(TELL)、 9月9日に第2回「東京タワー階段レース」を開催

日本のインターナショナル・コミュニティに45年にわたってメンタルヘルスに関するサービスを提供している、特定非営利活動法人東京英語いのちの電話(東京都・港区 クヌーセン・アンネ・ビレ理事長、以下TELL)は、9月9日にチャリティイベント「東京タワー階段レース」を開催する。本イベントの全収益は、TELLの自殺予防活動を支援するために使われる。

TELLは日本国内において、英語による無料電話相談サービスを提供しており、電話相談は年間8,000件に上ります。日本在住の外国人からだけでなく、日本人からの相談も年々増えており、現在日本人が約6割を占めている。その背景の1つには、留学や海外赴任などで国外に住む日本人の増加に伴う日本人の国際化があり、一時的に海外で生活しておりいずれ帰国する予定がある日本人は約86万人にのぼる。

世界保健機関(WHO)が9月10日に定めた「世界自殺予防デー(英語名:World Suicide Prevention Day)」の前後には、メンタルヘルスに関する偏見を取り除く一歩を踏み出すために、毎年世界各地でチャリティランやパレードが開催されており、TELLも昨年に引き続き、今年も「東京タワー階段レース」を開催します。東京の最も象徴的な建造物の1つである東京タワーの大展望台まで続く約600段の階段を駆け上がるこのレースに参加することは、メンタルヘルスの問題に対する意識を高め、自殺予防やTELLの活動支援に繋がる。

【イベント概要】
日時:2018年9月9日(日) 午前7:30~午前11:00(午前6:30受付開始)
会場:東京タワーフットタウン屋上
定員:500名
レース内容:展望台までの600段(150m)のタイムトライアル
参加費:一般4,000円/小人(4-13歳)2,500円
法人杯チーム(1チーム4人)15,000円/スクール杯チーム(1チーム4人)12,000円
*参加費には、タオルと参加証が含まれます。

イベント詳細及びお申し込みはウェブサイトを参照。
http://telltowerclimb.com/

8月5日(日)「そろばんまつり」開催

一般財団法人全国珠算連盟が運営する、白井そろばん博物館(千葉県・白井市 全国珠算連盟 理事長 白井そろばん博物館 石戸 謙一 館長)は、イベント「そろばんまつり」を2018年8月5日(日)に千葉県白井市(白井コミュニティセンター及び白井そろばん博物館周辺)にて開催する。

■開催概要
イベント内容詳細
https://peraichi.com/landing_pages/view/sorobansummerfestival
■開催概要
開催日 :2018年8月5日(日)10:00~16:00
場所  :千葉県白井市(白井コミュニティセンター及び白井そろばん博物館周辺)
料金  :はしそろぴっく選手権大会、そろばん将棋選手権大会等 無料(一部有料)

高橋一生×永作博美で連続テレビドラマ「みかづき」制作開始

NHKは6月26日、連続ドラマ「みかづき」の制作を開始と発表した。
 来年2019年1月スタートで毎週土曜日、連続5回の放送予定。
 原作は2017年中央公論文芸賞、2017年本屋大賞2位、の『みかづき』(集英社刊、森絵都著)。
 脚本は水橋文美江さん、音楽は佐藤直紀さん、演出は片岡敬司さん。
 出演は高橋一生さん、永作博美さん、工藤阿須加さん、大政洵さん、風吹ジュンさん、壇蜜さん、黒川芽以さん他。
 制作統括は、陸田元一さん、黒沢淳さん、高橋練さん。
 森絵都さんが原作の『みかづき』の執筆前から協力させていただいていた私塾界待望の映像化となった。

「私、学校教育が太陽だとしたら、塾は月のような存在になると思うんです。太陽の光を十分に吸収できない子どもたちを、暗がりの中で静かに照らす月。今はまだ儚げな三日月にすぎないけれど、かならず満ちていきますわ」
 赤坂千明が大島吾郎に向かって一緒に塾を始めようと迫るシーンだ。
 塾を通して、公教育と私教育、男と女、親と子の葛藤の50年の歴史を刻んだドラマ。
 続報が入り次第、レポートする。

■NHKサイトへ(外部サイト)

専門学校内に「新潟県知事選挙の期日前投票所」を設置

NSGグループで全国唯一のサッカー総合専門学校「JAPANサッカーカレッジ」では、6月10日におこなわれる新潟県知事選挙における期日前投票所が学校の体育館に設置される。

JAPANサッカーカレッジ近隣にお住まいの方も投票ができ、JAPANサッカーカレッジ高等部の高校生ならびに、JAPANサッカーカレッジの専門学校生あわせて約80名が投票する。
若者の投票率の向上と、政治に関心をもってもらう大きな機会になるか期待している。

期日前投票日時 : 2018年6月5日(火) 16:00~19:00
投票会場 : JAPANサッカーカレッジ 体育館
開催住所: 新潟県北蒲原郡聖籠町網代浜925-1

【JAPANサッカーカレッジについて】 http://cupsnet.com/
当校は、2002年サッカー日韓ワールドカップの年に開校し、サッカー選手、トレーナー、マネージャー、フロントスタッフなどを育成する学校として誕生しました。今年で16年になります。2005年には、高等部を設置し、高校生年代の受け入れも行っています。2018年度現在Jリーグ54クラブ中47クラブに卒業生146名が働いており、サッカー業界に広く人材を輩出しています。