日本人2名、マルタ騎士団から初の「ナイト」称号授与 コロナウイルスに関する人道支援を評価

「領土なき国家」と呼ばれ、多くの国と外交関係を持ち世界各国で国際慈善団体として活動している、現存する最古の騎士団「マルタ騎士団」が、日本人に初の「ナイト(騎士)」の称号を授与することが明らかになった。3月11日に発表され、12日にイタリア南東部レッチェで授与式が行われる。

 授与されるのは、自然保護や国際文化交流活動をする「ROYAL NIPPON財団」の毛利康成代表理事と他1名の計2名。新型コロナウイルスに関する人道支援への貢献を評価され称号授与へ至った。彼らは、ロシアが侵攻したウクライナへの支援も検討しているという。

みんなが私塾界!