Category: 塾ニュース|グローバル

札幌新陽高等学校がレアジョブ英会話を導入

オンライン英会話サービス事業を運営する株式会社レアジョブ(東京・渋谷区 中村 岳 代表取締役社長、以下レアジョブ)は、学校法人 札幌慈恵学園 札幌新陽高等学校(北海道・札幌市 荒井 優 校長、以下札幌新陽高校)2018年5月31日より、オンライン英会話サービスの提供および、ICT教育の効果を最大限活用するPBL(プロジェクトベースドラーニング)を用いた新たな英語学習カリキュラムの共同開発を開始した。

■札幌新陽高校×レアジョブプログラム概要
1、ブレンディッドラーニングのカリキュラム開発
オンライン英会話の利便性を活かした発話量の最大化と、現場のアナログ性を活かしたモチベーションの維持により、学習効果を倍増させる英語教育カリキュラムの開発を行う。
2、PBL(プロジェクトベースドラーニング)を用いた授業の開発
オンライン英会話を通した海外の講師との出会いにより視野を広げるだけでなく、生徒自身が当事者意識をもって能動的に世界に貢献する挑戦の機会を創出する。

■授業概要
・実施時期:2018年5月31日~2021年3月31日(3年間)
・対象学年:探究コース 高校1年生(24名)
・授業内容例(2コマ連続授業):
‐日本人英語科教諭によるインプット、ロールプレイ等のペアワーク(50分) 
‐レアジョブによるオンライン英会話(25分、マンツーマン)
– 日本人英語教諭による復習(20分)
・年間カリキュラム例(高校):
-マンツーマンレッスン(12回/年)
 -高1:英語を話すことに慣れるフェーズ
 -高2:正しい英語を使って会話をするフェーズ
 -高3:自分の意見を発表し、それに対する質問へのやり取りする力を強化するフェーズ

N高 オックスフォードサマープログラム2018を実施

学校法人角川ドワンゴ学園「N高等学校」(以下、N高)は、世界最高水準の英語教育・教授法をもつOxford International Study Centre(イギリス、オックスフォード)と提携し、2018年8月に「オックスフォードサマープログラム2018」を初めて実施する。イギリスの歴代首相なども専攻していたInternational Relations(国際関係)や哲学などを含む、オックスフォード大学の教授・講師陣による専門的な授業や質の高い英語の授業が行われる。世界的な指導者やトップクラスの学生が学んでいる学問に触れることで、グローバルな視野で物事を考え、行動できる国際教養が身につけられる。

N高は国際的に活躍する人材を育成するため、アメリカ・カリフォルニア州にある世界的な名門校・スタンフォード大学と連携し、20年以上の歴史のある高校生向け国際教育プログラムに、N高開校の2016年度より参加している。そして2018年度からは新たに、イギリス最古の大学として世界的に高名で、イギリス歴代54人の首相のうち27人が学んだオックスフォード大学での国際教育プログラムの実施が決定した。2006年から10年以上高校生向けに国際教育プログラムを行っているOxford International Study CentreとN高が提携して実施するオリジナルのサマープログラム。

このプログラムは、日本からはN高および提携校の生徒だけが参加できる、文化や芸術、政治など国際教養に欠かせない分野を盛り込んだテーラーメイドのプログラムだ。オックスフォード大学の教授・講師による社会科学・人文科学分野の授業や、日本では学ぶ機会が少ないCreative WritingやCritical Thinkingも学べる英語の授業など、少人数制によるレベルの高いカリキュラムが特徴。また、授業は大学内の様々な場所(St Cross College, the Oxford Unionなど)で実施され、『ハリーポッター』や『不思議の国のアリス』の舞台となった400年の歴史をもつ美しい石造りの校舎で学ぶことができる。

本プログラムでは世界14ケ国以上から参加する高校生たちと交流を深めながら、グローバルな環境で思考力や積極性を磨くことで、語学力だけでなく適応力、コミュニケーションスキルなどの育成を目指す。

<オックスフォード国際教育プログラム2018 概要>
●実施日程: 2018年8月19日(日)~29日(水)予定
●参加者 : N高等学校、提携校の生徒
       ※学力、学習意欲、英語力等を総合的に勘案し参加者を選考
●内 容 : ・N高および提携校の生徒のために作られたテーラーメイドプログラム
       ・少人数で行き届いた授業体制
       ・オックスフォード大学での人気分野である社会科学、
        人文科学も含めた様々な分野の授業
       ・特別講師による講義や大学での指導を行う
        英語講師による英語の授業
       ・アメリカやヨーロッパの学生を中心とした
        14ヶ国以上の高校生が参加予定
●協 力 : Oxford International Study Centre、一般社団法人 日英教育交流機構
●U R L  : https://nnn.ed.jp/about/attractive/subject/stanford.html

フォニックスの日にちなみキャンペーンを実施中

1979年の創立以来、39年に渡って児童英語教育をおこなってきた株式会社mpi松香フォニックス(以下、mpi)は、2018年4月12日〜5月29日の期間中「フォニックスの日にはフォニックスアルファベット・ジングルを言おう!」キャンペーンを実施している。
 mpi公式TwitterおよびInstagramに、フォニックスジングルを話している動画を「#mpiフォニックスの日」のハッシュタグを付けて投稿すると、抽選で合計42.9=43名にmpiオリジナル教材『フォニックスチャンツ(DVD)』が当たるというもの。
 この教材を使えば8種類のフォニックスルールの動画を見ながら、英語の基礎になる音と文字の関係や、フォニックスの特徴である音の足し算を、歌とチャンツで楽しく学ぶことができる。
 同社は2017年、「4(フォ)」「2(ニ)」「9(クス)」の語呂にちなみ、4月29日を「フォニックスの日」に制定している(一般社団法人 日本記念日協会認定)。そもそもフォニックスとは英語圏の子供たちに読み書きを教えるために開発されたもので、「文字」と「音」の関係を学ぶことによって正しい発音が身につけられる音声学習法のこと。例えば「bag」という単語はアルファベットではそれぞれ「ビー」「エー」「ジー」と発音されるが、単語や会話のなかでは「ブ」「ア」「グ」と発音され、それらをつなげると「bag」と読むことができる。
 フォニックスアルファベット・ジングルとは、“A/a/,/a/,apple”のように、文字の名前、それが表す音、その音ではじまる単語を1セットにして、AからZまでリズムよく唱えていくもの。mpiでは日本の子供たちの発音・読み・書きを育む上で、フォニックスアルファベット・ジングルは非常に有効だと考えている。
 さらに同社では、ジングルは算数の九九のようなものだと捉えている。日本の子供たちは2年生のときに九九を一生懸命覚えることで、大人になってからも9×9までの暗算を簡単におこなえるが、同様にフォニックスアルファベット・ジングルも一度身につければ、子供たちの一生の財産になるとしている。
 mpiは「フォニックスの日」をきっかけとして、フォニックス学習法のさらなる普及を目指し、日本の子供たちに適した英語教育に一層貢献していきたい考えだ。

茨城高等学校・中学校、オンライン英会話『DMM英会話』を英語科授業で導入開始

株式会社DMM.com(東京・港区 片桐孝憲 代表取締役社長)で展開中の、オンライン英会話サービス『DMM英会話』が、茨城高等学校・中学校が高校1年生および中学3年生の全生徒を対象に『DMM英会話』を導入したことを発表した。

茨城高等学校・中学校では、2020年度の大学入試改革に向け、グローバル教育を進める様々な改革を進めている。このような背景のもと、約6,500人の多国籍な講師が在籍し、生徒の英語学習のモチベーションにつながること、レッスン開始の15分前まで予約ができる柔軟性の2点をポイントに、DMM英会話の導入に至った。
 今回の導入においては、英語の通常授業の中にDMM英会話を週1回導入することで全員が取り組む環境を作るとともに、自宅受講も組み合わせることで多くの受講回数を可能にしたことに、大きな特徴がある。

ヒューマンアカデミー 大阪府より、高校生等海外進学支援事業を受託

ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で、教育事業を運営するヒューマンアカデミー株式会社(東京・新宿区 新井 孝高 代表取締役)は、大阪府より「高校生等海外進学支援事業(おおさかグローバル塾)」を受託した。

ヒューマンアカデミーは、「ヒューマン国際大学機構」において、28年間にわたり約4,800名を超える学生の海外大学進学を支援してきた。こうした海外進学に関するノウハウと実績、座学の講義のみならずグループワークやディスカッション、オンライン学習などを取り入れた充実したプログラム提案力が評価され、選定された。
 国際競争を勝ち抜くことができるトップレベルの「グローバル人材」を育成するため、大阪府内の高校生を対象に、海外進学に対応できる高い英語力を身につけ、国際感覚を養うプログラムを実施する。
また、受講生個々に合わせたきめ細かな進路指導や奨学金の獲得方法を指南するなど、総合的な支援を行う。

募集定員 40名
契約期間 2018年4月3日(火)~2019年3月29日(金)まで
募集概要 「2018年度 高校生等海外進学支援事業(おおさかグローバル塾)受講生募集要項」まで。
http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/33103/00000000/guidelines.pdf
申込方法 下記WEBサイトより、出願登録後、必要書類をダウンロードしてください。
https://www.shinsei.pref.osaka.lg.jp/ers/input.do?tetudukiId=2018030025
【締切】2018年4月13日(金)の消印まで有効
※持参する場合は、2018年4月16日(月)正午まで
問合せ先 大阪府 府民文化部 都市魅力創造局 国際課 国際化推進グループ
電話番号 : 06-6941-0351(内線 2323)
メール : osakaglobal@gbox.pref.osaka.lg.jp

TOEFL iBT®テストが大学入試英語成績提供システムに参加

米国の非営利教育団体であるEducational Testing Service(米国ニュージャージー州、以下 ETS)が作成するTOEFL iBT®テストは、独立行政法人大学入試センターより発表があった、大学入試英語成績提供システムの資格・検定試験に係る参加要件の確認結果において、参加要件を満たしているとの確認を受けた。

英語評価試験としてTOEFL iBT®テストが上記システムへの参加要件の確認を受けたことは、平成26年に中教審の答申で示された「新しい時代にふさわしい高大接続の実現に向けた高等学校教育、大学教育、大学入学者選抜の一体的改革について」に基づき、現在文部科学省が進めている一連の高大接続改革に資する試験として同改革への貢献が期待されているとも言える。

文部科学省は、平成28年より、高等学校教育、大学教育、大学入学者選抜それぞれにおける改革を進めており、中でも大学入学者選抜における英語の外部検定試験の活用は、従来の英語の「読む」「聞く」の2技能の測定から「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能の測定に大きく転換する。

朝日学生新聞社 音が出る新聞 えいごで1・2・3連載開始

朝日学生新聞社(東京・中央区 脇阪嘉明代表取締役社長)が発行する「朝日小学生新聞」では、4月4日から新連載「音が出る新聞 えいごで1・2・3(ワン・ツー・スリー)!」が始まる。週1回、毎週水曜日の掲載。朝日小学生新聞の紙面と、ウェブサイトやアプリで聴く音声を組み合わせることで、2020年度の大学入試改革でも重視される英語の4技能(読む・書く・聞く・話す)の学びに親しむことができる。毎週のカリキュラムなどは、英語の学習方法にも定評のある株式会社公文教育研究会に制作協力。また、チャレンジ問題として、TOEFLの「小中学生向け」ともいえるTOEFL Primaryを想定した問題も掲載。紙面見本など、詳細は朝日小学生新聞のウェブサイト www.asagaku.com/eigode123/ でも紹介している。

ヒューマンアカデミーランゲージスクール 2018年4月より「英検®対策講座」で、新たに5級コースを提供開始

ヒューマンアカデミー株式会社(東京・新宿区 新井孝高代表取締役)は、小・中学生向け英語教室「ヒューマンアカデミーランゲージスクール」の「英検®対策講座」において、これまでの3級、4級コースに加え、2018年4月より新たに5級コースの提供を開始する。
 2020年度より実施される新学習指導要領により、今まで小学校5年生から「外国語活動」として行われていた授業が小学校3年生から始まり、小学5・6年生では英語が教科化されるなど、学校での英語教育の早期化の流れを受け、家庭でも英語教育に関する関心が高まっている。また同じく2020年度より、大学入試センター試験が「大学入学共通テスト」に変わり、英検®(※1)やTOEIC、TOEFLなど民間試験が大学入試に活用される予定となっているのをはじめ、中学や高校入試でも、すでに英検®を英語試験の代わりに利用している学校があるなど、英検資格を所有していると優遇される制度が一般化されつつある。こうした動きにともない、小学生以下の英検受験者は年々増加傾向にあり、2016年度は37万人を超えるなど低年齢化が進んでいる。

 ヒューマンアカデミーランゲージスクールにおいても、「英検対策に特化した講座が欲しい」という保護者の増加を受け、2017年11月より「英検®対策講座」3級・4級コースを提供している。生徒一人ひとりに合わせてカスタマイズ化された学習プランの提案や、ネイティブ講師とのマンツーマンレッスンなど、独自の学習メソッドが特長の「英検®対策講座」は、2017年度第3回実用英語技能検定において、3級で83%、4級では100%と、高い合格率(※2)を誇っている。ヒューマンアカデミーランゲージスクールでは、こうした合格実績に裏打ちされた確かな学習メソッドをもとに、昨今の英語学習の低年齢化に対応する講座ラインナップの拡充を図るべく、「英検®対策講座」5級コースの提供を開始することとなった。

「英検®対策講座 5級」の特長は
①英検書の売上シェアNo.1(※3)の旺文社のテキストを使用
自宅では、わかりやすいテキストで英語4技能をバランスよく学習。
全ての漢字にふりがなが付いているので、小学生から安心して取組める。

②日本人講師による学習アドバイス(全8回)
講師が、一人ひとりにあわせて学習プランをカスタマイズ。
週1回の通塾で、講師が学習の進み具合を確認しながら、丁寧に指導。最後までやり切ることができる。

③外国人講師によるスピーキング対策模擬面接(全8回のうち、4回目と8回目の通塾時に実施)
面接・スピーキングテストの対策レッスンでは、まず日本語による解説ビデオでポイントを学ぶ。その後、ネイティブ講師とのオンラインのマンツーマンレッスンで、本番のテストさながらの模擬面接を行うので、実践感覚で楽しみながら知識を定着させ、学習効果を高めることができる。

④合格保証制度あり
所定の条件を満たした上で、合格できなかった場合は、受講料を全額返金します。
(詳細はこちら http://hals.athuman.com/lesson/

■「英検®対策講座 5級」の概要
対象学年:小学4年生~中学2年生 (小学1~3年生も英語力に応じて受講可)
受講期間:2カ月
受講回数:8回(オンラインマンツーマンレッスン2回含む)
受講費用:5,600円(税込、別途テキスト代・諸費用あり)
※諸費用は教室により異なる。

※1:英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標。
※2:2017年度第3回検定(2018年1~2月実施)の合格率の算出根拠
・ヒューマンアカデミーランゲージスクール「英検®対策講座」受講者のうち、2017年度第3回実用英語技能検定(英検®)を受験し、合否結果を弊社にご報告いただいた方を分母として算出(未受験者、および途中退会者は除く)
・複数の級に合格された方については、複数の合格者数として集計
※3:日販オープンネットワーク「WIN」約2,700書店調べ(2015年1月~12月の英検書ジャンル売上部数より)

小中学生向けスプリングキャンプ 白馬で開催

小中学生向けの教育プログラムを提供している株式会社ImaginEx(川崎市中原区)は、3月29日〜4月3日の6日間、5泊6日のスプリングキャンプを長野県白馬村で開催する。仲間とともに自分を見つけ出し、世界で活躍する第一歩となることを目指すこのキャンプの対象は高校生で、定員は35名。費用は宿泊・食事・アクティビティを含め118000円(税込)となっている。

プログラムではアメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、日本と世界で経験を積んできた講師と共に自分の興味を掘り下げ、理想とする将来に近づくための方法を身につける。さらには国の代表として世界に実存する問題に取り組み、国連会議のような国際交渉も実践。交渉中にはハプニングも設定されていて、単に戦略を練って議論を行うだけではなく、世界のリーダーが身につけているコミュニケーションや交渉スキルを習得し、想定外の事態に対応しながら課題解決に挑んでいく。

そのほか、新たな仲間との絆を深めるべく、白馬の大自然で熱気球に乗るなど、アクティビティも満載。以前参加した高校生からは「自分が想像していた以上に生まれ変わることができた」「他人がしてくれるのを待つのではなく、自分から行動する大切さや楽しさを学んだ」といった声が挙がっている。また保護者からは「留学プログラムに関して自分で聞くようになるなど、将来のことについて具体的に考え始めたよう」とのうれしい感想が寄せられている。

同社では3月4日(日)にキャンプに関する説明会を開催することにしていて、両日とも場所はGoodfind東京セミナールーム(東京・港区:青山一丁目駅より徒歩3分)、開催時間は10時〜11時半となっている。

また本スプリングキャンプでは友達紹介キャンペーンも実施。ImaginExが主催するプログラムに初めて参加する友人と一緒に申し込んだ場合、紹介者・被紹介者ともに7000円をキャッシュバック。一人5名まで適用され、最大で3万5000円が還元される。

佐世保市のイベントに全教研がプログラミング道場を出展

佐世保市と佐世保市教育委員会の共催による、「英語で交わるまちSASEBOプロジェクト『Sasebo Expo2018』」が2月3日、佐世保市民文化ホールにて開催された。

このイベントは「英語が話せるまち」の実現に向け、佐世保市民への英語教育や異文化理解の促進を目的としている。イベントの開催を目指し、2017年から本格的な準備に着手した佐世保市が、市民を中心としたプロジェクトチームを組み、ディスカッションを繰り返すことで実現に至った。

日米両国の子供たちにプログラミングをレクチャーする全教研 グローバル室の秦有樹室長

佐世保市内にはアメリカの海軍基地があり、日常的に米兵らが中心商店街を行き交っている。そのまちの特徴を地域資源として生かそうと「英語で交わるまちSASEBOプロジェクト」事業の一環で、市と市教育委員会が、賛同する民間事業者らに呼びかけて始まった。

当日は、書道、折り紙、陶芸、龍王太鼓の演奏など市民による出展もあり、270名以上の子供たちが参加した。

九州を中心に学習塾を展開する学研グループの株式会社全教研も「プログラミング道場 RoboRAVE」としてイベントに出展。全教研は既に海外で指導実績のあるプログラミング教材「プログラミング道場」の英語版を使い、米軍基地の子供たちと佐世保市の子供たちの架け橋を「プログラミング道場RoboRAVE」として提供した。

プログラミングを楽しむ子供たち

車型ロボットの仕組みを説明した後、プログラムの組み方を教え、その後は米軍基地の子供たちと佐世保市の子供たちがペアになったり、対戦相手となったりして競技に挑んだ。

株式会社全教研 グローバル室の秦有樹室長は「ロボットプログラミングを通して国際交流することが、プログラミング道場の教育的な目的の一つです。今回は佐世保市の取り組みに参加させていただき、日米の子どもたちが当プログラムを通して交流することができました。また、この春からはプログラミング道場を導入いただいている教室と、私たちのパートナー企業であるマレーシアのDream EDGE社をネットで繋いだ交流も順次行っていきます」と話す。ローカルだけでなく、グローバルにも展開する全教研の取り組みに注目したい。