月刊私塾界2020年4月号(通巻468号)...

巻頭言  新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、小中高等学校で臨時休校措置がとられた。読者諸氏の学習塾ではどのように対応したのであろうか。  授業を実施したところは、何か特別な対応をされたのだろうか。また、マスクや消毒液などは足りたのでしょうか。生徒たちの出席状況は如何...

月刊私塾界2020年3月号(通巻467号)...

巻頭言  大学入試改革の一つであった大学入学共通テストでの英語民間試験の活用見送りに関し、大きな違和感を持っていた。所謂「身の丈発言」に対し、平等性などの反論の大合唱が沸き上がり、非常に情緒的な結論がもたらされた。試験会場へのアクセスが平等でない、試験料がかかるため富裕層に有利だ、と...

月刊私塾界2020年2月号(通巻466号)...

巻頭言 1月9日、文部科学省が各市区町村教育委員会における小学校プログラミング教育に関する取組状況等調査の結果について発表した。都道府県により準備状況にバラツキがあることが判明した。福島県などでは2割以上の教委が「最低限必要な指導体制の基礎が整っていない」(文科省)。4月からの実施が...

月刊私塾界2020年1月号(通巻465号)...

巻頭言 謹賀新年  教育界にとり、激動の年が幕を開ける。  大学入試改革こそ大分後退した感は否めないが、それ以外の教育改革は予定通り行われる。  文部行政の変化は我業界にとり常にチャンスだ。  森喜朗元首相も自民党のある会合で次のように述べた。大学入学共通テス...

月刊私塾界最新号

月刊私塾界2020年4月号(通巻468号)

巻頭言  新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、小中高等学校で臨時休校措置がとられた。読者諸氏の学習塾ではどのように対応したのであろうか。  授業を実施したところは、何か特別な対応をされたのだろうか。また、マスクや消毒液などは足りたのでしょうか。生徒...

塾ニュース|塾・企業

学習塾向けWEBサービスを提供するLacicuが『大学ジャーナルオンライン』を運営するユニバースケープと業務提携。

株式会社Lacicu(東京・文京区、服部 悠太 代表取締役)とユニバースケープ株式会社(東京・千代田区、土居 育男 代表取締役社長)は、「大学入学共通テスト」に向け大学受験の情報共有を主とした業務提...

塾ニュース|教育ICT

「2020年子ども向けプログラミング教育市場調査」コエテコと船井総研が発表

 2020年3月25日、GMOメディア株式会社(GMOインターネットグループ、森 輝幸代表取締役社長)が運営するプログラミング教育ポータルサイト「コエテコ byGMO)は株式会社船井総合研究所(中谷 貴之代表取締役社長 社長執行役員)と共同で、「2020年 子ども向けプログラミ...

塾ニュース|地域教育

ブラック校則見直し 佐賀県教委は通知

 佐賀県教委は3月24日、県庁で開かれた県総合教育会議で「児童・生徒の人権保障を求め、教育目標の達成のために必要な校則かどうか確認することを要請した」と報告した。  児童や生徒にとって理不尽な「ブラック校則」が社会問題化している。佐賀県教育委員会は、17日付で県立学校に校...

塾ニュース|受験

大学のグローバル化に貢献する世界標準入試プラットフォームを開発

スパイスファクトリー株式会社(東京・中央区 高木 広之介 代表取締役)は、株式会社サマデイ(東京・千代田区 相川 秀希 代表取締役社長)が展開する海外大学が利用している世界標準入試システムを日本やアジアの大学・専門学校向けにリニューアルした「The Admissions Off...

学習塾向けWEBサービスを提供するLacicuが『大学ジャーナルオンライン』を運営するユニバースケープと業務提携。

株式会社Lacicu(東京・文京区、服部 悠太 代表取締役)とユニバースケープ株式会社(東京・千代田区、土居 育男 代表取締役社長)は、「大学入学共通テスト」に向け大学受験の情報共有を主とした業務提携を行った。
 第一弾として、Lacicuが学習塾向けに提供する『進路指導.net』に大学ジャーナルオンラインの情報提供を行い、最新の大学受験情報を学習塾に通塾する生徒に情報提供できる様にする。今後は、ラシクの学習塾ネットワークと、ユニバースケープの大学ネットワークを活用し、塾大接続(学習塾から大学へ)をテーマに新企画を立ち上げて行く。

【進路指導.netの概要】
「進路指導.net」は、ラシクが運営する学習塾向け大学受験の情報検索サイトで、全国の学習塾3000教室以上に導入されている。
進路指導.netの特徴としては、自社ブランドの大学受験サイトとして利用する事が可能となっており、各大学の受験日程、試験方式、試験倍率、推薦情報など受験に必要な情報が全ての大学・短期大学で網羅されている。

 また、生徒自身がマイページを持つことができ、生徒の受験日程をマイカレンダー上に登録する事ができる。またその生徒の受験情報を学習塾側で管理する事ができ、生徒の受験日程や、合格結果も確認する事ができる。

【大学ジャーナルの概要】

WEBサイト:https://univ-journal.jp/

「大学ジャーナルオンライン」とは、大学および高等教育関連ニュースの専門メディア。1995年創刊の「大学ジャーナル」タブロイド版(発行:くらむぽん出版)と連携しスタート。日本各地の大学の研究成果や取り組み、入試制度改革や教育行政などのトピックスなどを読みやすく記事化、リアルタイムで配信している。

 【業務提携の背景】

 大学受験生は2018年度で55万人、年々増加傾向位にある。また新入試制度に向けた受験勉強に不安を持つ高校生の割合は65.8%であり、学習塾の指導者たちも同様だ。そのため最新で正確な情報を『進路指導.net』のネットワークを通じて多くの受験生に情報提供を行っていく。

【今後の展開】
今後は、生徒に合った大学進学をサポートするために、学習塾の指導者が進路指導をしやすい環境と情報提供を行っていく。その他、大学と学習塾を繋ぐというサービスも展開予定だ。

■進路指導.netについて
「進路指導.net」は国公立・私立大学から短大まで、全国の入試情報を豊富に集約した情報サイト。塾ごとにカスタマイズし、自塾の情報サイトとして提供できるだでなく、進路指導や生徒の出願状況の管理として活用できる。
URL :https://www.lacicu.co.jp/shinroshidou

ファミマ マドラーの木製化とストローレス導入

 ファミリーマートは、3月31日より先行して東海・北陸地域でカウンターコーヒー用のプラスチックマドラーの木製化を導入する。また、4月7日より全国で、アイスコーヒー用のストローレスリッドを導入する。「温室効果ガス(CO2排出量)の削減」、「プラスチック対策」、「食品ロスの削減」の3つのテーマに基づき数値目標を設定した、「ファミマecoビジョン2050」の一環だ。

 カウンターコーヒー用のプラスチックマドラーの木製化は、愛知県・岐阜県・三重県・富山県・石川県・福井県、和歌山県および静岡県の一部の8県約3,000店において先行導入後、順次展開地域を拡大する予定だ。

 本体を木製化するだけでなく、外装も紙製に変更することでプラスチック使用量を1本あたり0.9gの削減が見込まれる。

 アイスコーヒー用のストローレスリッドは沖縄県を除く全国で導入する。再生PETを18%配合しているだけでなく、従来のストローとリッド併せて使用する場合と比較して、プラスチック使用量が1個あたり0.2gのが削減される。

 ファミリーマートは以前より環境負荷低減に向けた取り組みを進めており、2007年から一部の野菜サラダにおいて、バイオマスプラスチックを使用した容器を使用を開始。2021年2月までに、サラダ全品の容器を環境配慮型に切り替える。

 マドラーの木製化およびストローレスリッド導入により、年間約110トンのプラスチック削減を見込んでいる。

レジ袋有料化、食品値上げ 4月から変わる暮らし

 4月1日より、商品の値上げやサービスや制度が変わり、暮らしに影響を及ぼしそうだ。

■レジ袋有料化
 7月から小売店でプラスチック製のレジ袋の有料化が義務化される。それに先立って4月から有料化する企業が増えている。流通大手「イオン」は、イオンスタイルや、まいばすけっと、ドラッグストアのウエルシア薬局でレジ袋の有料にする。レジ袋は、大きさによって2円から5円で販売する。
 大手ドラッグストアチェーンの「マツモトキヨシ」、「ココカラファイン」も4月から有料化を実施。

■室内の喫煙、原則禁止
 受動喫煙防止の一環として、改正健康増進法の施行され、飲食店などでの喫煙が4月より原則禁止となる。新型コロナウイルスによる自粛要請の中、飲食店などの影響がさらに強まるだろう。

■食品・サービスなどの値上げ
「日清オイリオグループ」は、4月1日の納入分から家庭用の「日清サラダ油」など20品目の食用油を1キロ当たり20円以上引き上げる。「J―オイルミルズ」は、4月20日から同程度引き上げ。主要原料相場の高止まりが主な要因である。
「マルハニチロ」はサンマの蒲焼きや水煮など缶詰9品目を4月1日から10円値上げ。サンマの不漁によっり価格が高騰していることが要因。
 新型コロナウイルスの影響で休園中の東京ディズニーランドと東京ディズニーシーを運営する「オリエンタルランド」は、両園の入園料をそれぞれ引き上げる。4月1日発売分から、1日券は18歳以上で700円上がり、8200円となる。
「ゆうちょ銀行」は、現金自動預払機(ATM)使用手数料の値上げする。同銀口座間で送金する際の電信振替料金について、これまで月1回無料だったのを1件当たり100円に引き上げ。

■医療負担の増加
 救急患者を受け入れる大病院では、診療報酬の改定により、患者入院初日に5200円が加算。高所得層が支払う保険料の上限額も引き上げられる。75歳以上が加入する後期高齢者医療は、2万円増の年64万円、国民健康保険は3万円増の年99万円となる。

■働き方改革
「同一労働同一賃金」が大企業で4月から適用される。働き方改革のひとつで、正社員と非正規社員の間の不合理な待遇差を禁じるものだ。中小企業では、来年4月から施行される。

NSGグループ代表交代 新代表は 池田 祥護氏

 NSGグループは、2020年4月1日付でグループ代表を交代したことを発表した。
 新代表は 池田 祥護 氏(いけだ しょうご)。「『人々の幸福と豊かさを実現する』という創業の精神を大切にし、甚だ微力ではございますが、より良い社会の発展のため全力を尽くす所存でございます。何卒ご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申しあげます。」とコメントした。
 前代表の池田 弘 氏は会長となり、「1976年にNSGグループを創業し、皆様のお力添えをいただき、おかげさまで44年目を迎えることができました。格別のご厚情を賜り厚く御礼申し上げます。今後も会長という立場で、池田祥護新代表を支え、地方創生や社会の発展に貢献できるよう取り組んで参る所存でございます。今後とも変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。」とコメントを残している。

『ポケモンGO』 自宅からもリアルワールドゲームを楽しめる仕組みを検討中

 ナイアンティックは2020年3月30日に自社のブログで、“自宅からもリアルワールドゲームを楽しめる環境を整える為に”と題するブログを発信した。新型コロナウイルス の影響が世界的に拡大し、プレイヤーが自宅から出れないなかでもリアルワールドゲームを楽しめる環境を整えるために、4点ゲームに変更を加えることを発表した。
・“いつでも冒険モード”を、自宅で掃除していたり、ルームランナーを利用したときなどの屋内での歩数も反映されるように改善。この機能はすでに実装されており、屋内で運動を行うと、ゲームも進行する。
・実際に出会うことができなくてお友達や家族とつながりを持ち続けられるようにゲーム内のソーシャル機能をより強化。自宅にいながらでも、他のプレイヤーとともにレイドバトルに参加できるような仕組みを検討している。
・ お気に入りのバーチャルスポットに訪れ、友達や家族とその場所の思い出を共有できるような機能を考えている。
・毎年、夏に大規模なリアルイベントPokémon GO Festを行ってきたが。この夏はあの盛り上がりを自宅で体験できる、新しいPokémon GO Festを検討している。

ゴッホ絵画盗まれる コロナで休館中のオランダ美術館で

 オランダのシンガーラーレン美術館でビンセント・ファン・ゴッホ(Vincent van Gogh)の絵画が盗まれた。事件が起こったのは、ゴッホの167回目の誕生日にあたる3月30日の未明。2週間前から新型コロナウイルスの感染拡大のため一般公開が中止された休館中の出来事だった。
 オランダの警察によると、犯人は現地時間午前3時15分ごろ、ガラス製の扉を破って美術館に侵入した。同国北部フローニンゲンの美術館から貸与を受けていた、1884年作の絵画「Parsonage Garden at Neunen in Spring(春のヌエネンの牧師館の庭)」を盗み逃走。

 盗まれた絵画は、ゴッホの初期頃の作品で、有名な「ひまわり」より以前に制作された。美術調査員による推定価値は、100万~600万ユーロ(約1億2000万円~7億1000万円)。

ドローン操縦の免許制度 学科と実技試験必須 2022年めどに導入

 政府は3月30日、ドローン操縦の免許制度を2022年にも設ける方針を固めたと明らかにした。操縦者の目が届かない距離で、DID地区(人口密集地区)などの市街地上空を飛ばす場合などドローン飛行に危険を伴う利用には免許の取得を必須とする方向だ。この免許制度には、一定の年齢制限と有効期限を設け、学科と実技両方の試験を課す。

 ドローン活用の環境整備を議論する官民協議会が31日にまとめる報告書に盛り込む。法令違反をした場合の免許取り消しや更新停止なども規定し、危険の少ない飛行には免許を必要としない。

 ドローンは撮影や測量、農薬散布など活用分野が年々拡大している。その反面、2019年に全国の警察が航空法違反容疑で摘発したドローンの違法な飛行は111件となり、ドローンの飛行を規制した改正航空法が施行された2015年以降で最多となった。

  目的別では、全体の摘発件数のうち、「記念撮影」が54件(48・6%)、「操縦の練習」が34件(30・6%)、「業務」が7件(6・3%)だった。

 今後、詳細を詰めた上で、こうした方針を盛り込んだ航空法改正案を2021年の通常国会に提出する。

月刊私塾界2020年4月号(通巻468号)

巻頭言

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、小中高等学校で臨時休校措置がとられた。読者諸氏の学習塾ではどのように対応したのであろうか。

 授業を実施したところは、何か特別な対応をされたのだろうか。また、マスクや消毒液などは足りたのでしょうか。生徒たちの出席状況は如何だったのであろうか。

 反対に授業をしなかった学習塾は、何故休講にしたのでしょうか。今一度振り返っていただきたいと思う。休講の際、授業料はどうされたのでしょうか。授業を実施しないので、徴収しなかった(あるいは返金した)ことは理解するが、非常勤講師への給与支払いはどうされたのでしょうか。こちらも支払わなかったのでしょうか。

 支払わなかった理由を理解したうえで、彼ら・彼女らは生活をどのように維持したのでしょうか。そこまで考えるべきではないだろうか。

 ここまで根付いた学習塾の役割として、地域の教育水準に対する責任についても考慮いただきたいものと考えるが、如何だろうか。学校が未履修問題にどのように対応するのかが見えない中、学習塾が果たす役割が相当大きいのではないだろうか。

 ICT導入が進んでいる学習塾では、在宅学習に簡単に切り替えられた。また、急ぎ導入を実施したところもあるようだ。

 これを機に、ICT利用が増加するであろう。授業方法を考えてみては如何であろうか。また、自塾の存在意義について検討する必要がある。

(如己 一)

目次

  • 12 CatchUp① 英俊社+イデアスポット
  • 14 CatchUp② 成基コミュニティグループ
  • 18 HOT TOPICS 学校教育の民間への業務委託について議論 日本民間教育協議会 19年度 第3回臨時総会で
  • 20 【特別企画】やる気スイッチグループ Owner’s Story②
  • 24 挑む私学 ノートルダム学院小学校 行動や対話を通じて本物の学びを得る
  • 27 目次・巻頭言
  • 28 NEWS ARCHIVES
  • 48 千里の道も一歩から ~編集長備忘録~
  • 49 【特集】小学生英語教材考
  • 74 TOP LEADER Interview 株式会社 明光ネットワークジャパン 『明光義塾』を核に、より自立を育成する学び場を提供
  • 88 教育サービス業界 企業研究(89) RISU Japan 株式会社
  • 91 日本教育ペンクラブ・リレー寄稿(315)
  • 92 疾風の如く(129) 希望結社ツクラム(京都府) 代表 西森 寛 さん
  • 94 好機到来(60) ユニバ進学教室(大阪府豊中市)代表 梅田 充茂 さん
  • 96 新米塾長のための「学習塾経営基礎講座」(83)
  • 98 白書界隈徘徊話(61) 西村克之
  • 100 自ら動き出すチームにする方法(67) 中谷彰宏
  • 102 塾の家計簿(35)
  • 104 新米塾長のための「部下とサシで行きたいごはん屋さん」(81)
  • 105 芸術見聞録(81)
  • 106 ぼくの幼児教育考(22)
  • 107 塾長の机
  • 108 為田裕行の「教育ICT行」(61)
  • 109 1981(13)
  • 111 Opinion from School(10)
  • 112 林明夫の「歩きながら考える」(176)
  • 114 塾ソムリエの講師研修指南 西村則康(名門指導会代表 塾ソムリエ)(29)
  • 116 私塾界インサイト(24)
  • 120 咲かせよ桜(61) 小林哲夫
  • 124 未之知也(いまだこれ知らざるなり)(82)
  • 126 論点2020(4) 妙な会議。大学入試のあり方に関する検討会議
  • 130 編集後記
  • 132 Book Review
  • 134 塾長のためのガジェット講座

ライセンス無償提供、アメリカオンライン学習サービス

 アメリカの企業のスタディー・ドット・コム(Study.com)は、自社が提供するオンライン学習サービスのライセンスを無償提供すると発表した。アメリカで新型コロナウイルス流行の影響を受ける幼稚園から高校までの全12学年の学校や学区を支援するため、学年末まで10万件のライセンスを無償で提供する。
 無料で提供されるライセンスコードの内容は、全学年を対象とした4500以上のオンラインコース、動画ベースの授業7万9000回分、授業プラン1万2000件。これらは、教師と児童・生徒に提供される。
 パソコンはもちろん、タブレットやスマートフォンといったモバイル端末から全ての授業を利用が可能。
 さらに、学校・学区全体での導入を対象に大幅な割引も行う。提供するサービスの内容は、ウイルス流行状況に合わせて変えていく方針だ。

■スタディー・ドット・コムとは
 2010年にオンライン学習サービスを開始。高校、大学、成人教育、専門資格などに向けに4500以上のオンラインコースを提供。毎月3000万人以上の児童・生徒・学生や教師に利用される。1500校以上の大学に単位を移行できるオンラインコースも200以上用意している。

ブラック校則見直し 佐賀県教委は通知

 佐賀県教委は3月24日、県庁で開かれた県総合教育会議で「児童・生徒の人権保障を求め、教育目標の達成のために必要な校則かどうか確認することを要請した」と報告した。

 児童や生徒にとって理不尽な「ブラック校則」が社会問題化している。佐賀県教育委員会は、17日付で県立学校に校則の見直しを求める通知を出し、市町教委にも同様の内容を伝えた。頭髪指導などの見直しの視点や対象になる具体例を記している。

【具体例】
・特徴のある髪質(赤毛、縮毛)は届け出る
・日焼け止めは原則禁止
・マフラーは前で結ぶ。結んだマフラーの先端がみぞおちより上
・特徴のある髪質については届け出ること
・髪は耳より下で二つ結びか三つ編み
・下着は白か淡色で無地のものを
・ゲームセンターやカラオケボックスは保護者同伴でも不可
・通塾は届け出る
・市外に出るときは標準服を着用
・登下校中に買い食いはしない
・夜間の外出は男子は午後9時まで、女子は日没まで
・みだりに喫茶店、飲食店に立ち入らない
・旅行は事前願い
などの校則の存在が明らかになった。

 校則を見直す際の合意形成の手だてとしては、「子どもの人権を侵す可能性がないか」「校外の私的な活動まで関与していないか」「社会で必要となる規範意識の醸成のためになるのか」など、配慮すべき点を提示。生徒会への意見聴取や児童・生徒へのアンケート調査、PTAの会議などで保護者らに意見を求めることを挙げている。