[私塾界リーダーズフォーラム 2020S/S] 開催中止のご案内...

 新型コロナウイルス感染症に罹患されたみなさまとご家族ならびに、関係者のみなさまにお見舞い申し上げるとともに、亡くなられた方々に心よりご冥福をお祈り申し上げます。  また、感染拡大防止にご尽力されているみなさまには深く感謝申し上げます。 さて、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態...

月刊私塾界2020年5月号(通巻469号)...

巻頭言  新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、緊急事態宣言が発出され、7都府県では緊急事態措置が講じられた。休業要請があった業種に学習塾が入った。一報に触れたとき、驚きとともに違和感を覚えた。  各塾では様々な対応を行っていることと思う。電話やFAXを使用し学習支持を出した...

月刊私塾界2020年4月号(通巻468号)...

巻頭言  新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、小中高等学校で臨時休校措置がとられた。読者諸氏の学習塾ではどのように対応したのであろうか。  授業を実施したところは、何か特別な対応をされたのだろうか。また、マスクや消毒液などは足りたのでしょうか。生徒たちの出席状況は如何...

月刊私塾界2020年3月号(通巻467号)...

巻頭言  大学入試改革の一つであった大学入学共通テストでの英語民間試験の活用見送りに関し、大きな違和感を持っていた。所謂「身の丈発言」に対し、平等性などの反論の大合唱が沸き上がり、非常に情緒的な結論がもたらされた。試験会場へのアクセスが平等でない、試験料がかかるため富裕層に有利だ、と...

月刊私塾界最新号

月刊私塾界2020年5月号(通巻469号)

巻頭言  新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、緊急事態宣言が発出され、7都府県では緊急事態措置が講じられた。休業要請があった業種に学習塾が入った。一報に触れたとき、驚きとともに違和感を覚えた。  各塾では様々な対応を行っていることと思う。電話やFAXを使...

塾ニュース|塾・企業

千葉地域開発協同組合が、外国人技能実習生の入国後支援として、オンライン日本語学習教材「Japany Language」を導入

「明光義塾」を全国展開する株式会社明光ネットワークジャパン(東京・新宿区、山下 一仁 代表取締役社長)が提供するオンライン日本語学習教材「Japany Language」が、5月1日に監理団体として...

塾ニュース|教育ICT

リソー教育グループ 「スクールTOMAS」が、AI先生「atama+」を導入 学習支援サービスを全国27の学校に提供

 atama plus株式会社(東京・品川区、稲田 大輔 代表取締役)とリソー教育グループの株式会社スクールTOMAS (東京・豊島区、上田 真也 代表取締役社長)は、全国の中学校・高校内でスクールTOMASが運営する「学校内個別指導塾」の全国27校において、atama plu...

塾ニュース|地域教育

緊急事態宣言 解除へ 都内各自治体の対策は

 中野区は新型コロナウイルスの影響で臨時休校している区立の小中学校や幼稚園を6月1日から再開すると5月22日に発表した。小中学校はそれぞれのクラスを午前、午後の2グループに分けて分散登校する。6月8日の週から給食を再開できるよう準備する。幼稚園は学年ごとに登園日を設け、1学年を...

塾ニュース|受験

大学のグローバル化に貢献する世界標準入試プラットフォームを開発

スパイスファクトリー株式会社(東京・中央区 高木 広之介 代表取締役)は、株式会社サマデイ(東京・千代田区 相川 秀希 代表取締役社長)が展開する海外大学が利用している世界標準入試システムを日本やアジアの大学・専門学校向けにリニューアルした「The Admissions Off...

東京都 LINE「新型コロナ東京都緊急事態措置相談センター」で施設の再開目処を案内

 東京都は、LINE公式アカウント「新型コロナ東京都緊急事態措置相談センター」を使って、新型コロナウイルス感染症対策による、休業や営業自粛中の施設や業種の再開目処についての案内を開始した。利用には、アカウントと友だちになる必要がある。
 東京都は、緊急事態宣言の解除に伴い、ステップ1・2・3の3段階で休業要請を緩和していく予定。LINEアカウントを友だち登録し、施設別の休業要請緩和ステップを、都民向け、事業者向けから調べることができ、対象の施設の休業要請状況の確認が可能だ。

 5月26日からステップ1にとなり、博物館や美術館、図書館、運動施設などが利用可能となっている。5月中を目処に移行を見込んでいる次のステップ2では、学習塾や映画館などが緩和対象だ。

リソー教育グループ 「スクールTOMAS」が、AI先生「atama+」を導入 学習支援サービスを全国27の学校に提供

 atama plus株式会社(東京・品川区、稲田 大輔 代表取締役)とリソー教育グループの株式会社スクールTOMAS (東京・豊島区、上田 真也 代表取締役社長)は、全国の中学校・高校内でスクールTOMASが運営する「学校内個別指導塾」の全国27校において、atama plusが開発・提供するAI先生「atama+」を活用し、家庭学習も含めた学習支援サービスを提供すること発表した。

 atama plusは、生徒の「基礎学力」の習得にかかる時間を減らし、「社会でいきる力」を養う時間を増やすことを目指して、学習を一人ひとりに最適化するAI先生「atama+」を全国の塾・予備校に提供している。スクールTOMASにおいては、学校内個別指導塾にて2019年7月よりatama+を活用した個別指導に取り組んできた。
 その結果、atama+を利用した生徒の成績向上や満足度といった面で顕著に効果が表れたことから、2020年4月よりスクールTOMASが運営する学校内個別指導塾にて、atama+を本格導入することを決定した。共立女子中学高等学校、芝浦工業大学附属中学高等学校などの全国27校にてatama+を活用し、学校内での個別指導と家庭学習を組み合わせた形の学習支援サービスを提供している。

 atama plus代表取締役 稲田氏は「一人ひとりにあった学びをより多くの生徒に届けられるよう、引き続き塾・予備校の皆様とともにサービス開発に取り組んでいきます。また、新型コロナウィルス問題で塾・学校に通えない状況においても、学びを継続できるように、より一層プロダクトを強化していきます。」とコメントし、 スクールTOMAS 上田 代表取締役社長は「生徒に良い学びを提供できるよう、既存のやり方にとらわれずあるべき教育のかたちを追求していきます。atama+導入校において、顕著な結果が出たことから今回の全面導入を意志決定しました。atama plusのプロダクトとスクールTOMASの個別指導ノウハウを組み合わせることで、良質な学習環境を提供できると確信しています。」とコメントした。

千葉地域開発協同組合が、外国人技能実習生の入国後支援として、オンライン日本語学習教材「Japany Language」を導入

「明光義塾」を全国展開する株式会社明光ネットワークジャパン(東京・新宿区、山下 一仁 代表取締役社長)が提供するオンライン日本語学習教材「Japany Language」が、5月1日に監理団体として外国人技能実習生受入事業を展開する、千葉地域開発協同組合(千葉・千葉市、竹内 優明希 代表理事)に導入されたことを発表した。
 千葉地域開発協同組合は、外国人技能実習制度で就労者として入国した技能実習生への入国後支援として、日本語オンライン学習教材「Japany Language」を導入した。入国前・入国時だけではなく、職場に入った後も継続的に日本語学習の機会を提供することで、実習生の技術習得や、職場環境への定着、日常生活の支援を実現している。また、新型コロナウィルスの影響で入国できていない実習生に向けても、待機期間の学習ツールとして利用される。

 千葉地域開発協同組合 竹内 優明希 理事長は「実習生達は非常に真面目で純粋な若者がほとんどです。 しかし実習現場でネックになるのはやはり日本語コミュニケーションでした。 入国後の日本語教育で何かないかと思案していた時にJapanyと出会い、活用させていただきました。 あらゆるレベルに対応した授業と、何より進み具合の見える化が素晴らしく、現在では弊組合の実習生全員に導入を検討しています。」とコメントを残した。

厚労省 休校の保護者の助成金上限引き上げ

 厚生労働省は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて小学校等の臨時休業等により特別有給休暇を与えた事業主に対して賃金助成を行う「新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金」について、支給上限額を1万5000円への引き上げと、対象期間を今年9月末まで延長すると決めた。
 
 臨時休校や保育所の登園自粛に伴って子どもの面倒を見るため仕事を休まざるを得なくなった保護者への支援策として、厚生労働省は企業が年次有給休暇とは別に有給を取得させた場合に費用の一部を助成する制度を設けている。

 労働者1人1日当たりの支給上限額は、8330円から1万5000円に引き上げる。休業が長期化して事業主の負担が増えたことや、制度の活用が十分に進んでいないことを踏まえ、ことし4月にさかのぼって支給する。

 また、フリーランスで働く人を対象にした支援金の制度についても、4100円から7500円に引き上げる。

 対象となる期間は今年6月30日までだったが、臨時休校や保育所の登園自粛が続くことも想定し、3か月延長して今年9月末まで延長した。

 厚生労働省は、それぞれの申請件数は5月24日の時点で、事業主向けの助成金が2万1400件、フリーランス向けの支援金が5300件。このうち、支給が決定したのは、助成金が5955件、支援金が2047件だと発表した。

無印良品 洗える夏マスク3種を追加

 株式会社良品計画は、展開する無印良品で、5月1日より販売している繰り返し使える二枚組・三層マスクに、オーガニックコットン素材に抗菌防臭加工をした夏素材の布マスク3種の追加。6月上旬より順次発売する。価格は2枚組で999円(税込)。

 無印良品では、繰り返し使える 二枚組・三層マスクを無印良品ネットストア限定で販売しており、繰り返し使えるマスクのシリーズは計4種となる。

 今回追加されるのは、マスク全体に抗菌防臭加工をした「繰り返し使える2枚組・マスク(サッカー織り)」「繰り返し使える2枚組・マスク(ムラ糸天竺編み)」「繰り返し使える2枚組・マスク(鹿の子編み)」の3種。緊急事態宣言の解除がされ営業を再開した店舗において販売する。

 夏素材マスクは、無印良品のTシャツやパジャマを生産したときに出るオーガニックコットンの残布を再利用している。マスクが日常生活の必需品となり、毎日つかうものだから、ゴミになってしまう使い捨てではなく、手洗いすることで繰り返し使え、肌触りが良く、無印良品のこれまでの商品開発の背景を活用し、綿100%の布地を使った繰り返し使えるマスクを生産した。

 洗濯耐久性は手洗いで約30回となっている。

Apple Store 営業再開 5月27日から名古屋栄店・福岡店の2店舗

 5月27日より、新型コロナウイルス感染防止のため休業中だった国内の直営店「Apple Store 日本」のうち名古屋栄店と福岡店の営業が再開される。営業時間は、昼の12時から午後8時まで。

 5月17日にApplが発表した「Apple Storeの営業再開に向けた方針」によると、既に世界で約100店舗の直営店を再開。開店する店舗では、スタッフ全員がマスクを着用し、来店客にもマスクの着用を呼び掛けている。持参していない場合はAppleが手渡す。入り口では、入店前の体温チェックとあわせて、健康に関しての質問をおこない、ソーシャルディスタンスの確保のため入店できる人数も制限する。そのため予約していない場合、入店できないことがあるので、予約を推奨している。

緊急事態宣言 解除へ 都内各自治体の対策は

 中野区は新型コロナウイルスの影響で臨時休校している区立の小中学校や幼稚園を6月1日から再開すると5月22日に発表した。小中学校はそれぞれのクラスを午前、午後の2グループに分けて分散登校する。6月8日の週から給食を再開できるよう準備する。幼稚園は学年ごとに登園日を設け、1学年を2つのグループに分ける。保育園は再開後も、在宅で保育が可能な保護者には6月末まで登園自粛をお願いする方針だ。


 世田谷区は6月から小中学校や保育園などを再開すると5月22日に発表した。区立小中学校は午前と午後の分散登校を行う。クラスの約半数で教室を利用し、机の間隔を1メートル以上空ける。第1段階は半日登校を、小学生は週1回、中学生は週2回。週ごとに登校日数を増やしていく。入学式は小学校は6日、中学校は7日に行う。給食は第4週以降に再開予定。また、7月21~31日に授業を実施。9月以降の土曜授業を月1回から2回に増やす。また、公私立の認可保育園や認定こども園、区立幼稚園、学童クラブなどは再開後も6月末までをめどに、在宅が可能な保護者には登園自粛を要請し、縮小保育をする。


 港区は5月22日、6月から区立の小中学校や幼稚園などを分散登校・登園で再開すると発表した。小中学校ともに6月末まで分散登校をし、土曜日は授業を行わない。中学校の入学式は6月1日に行う。教室内の机の距離を空けて、授業を行う。給食は8日から再開し、7月からは通常の登校に戻す。また、夏休みは8月1日~24日までの約3週間に短縮する。また、新型コロナウイルス感染予防対策として、「3密」を避ける必要があることから、学校行事の開催は見直すという。


 荒川区は小学校は6月1日に始業式、入学式を行い、中学校の入学式は6月2日に行うと5月21日に発表した。分散登校を行うが、6月8日から給食の提供を開始する。夏季休業期間は8月8日から8月23日と短縮する。荒川区は夏のステイホーム対策として自宅に省エネエアコンを新たに購入した世帯に、購入金額の4分の1(上限3万円)を支援すると発表した。対象は5月1日~8月31日、区内の自宅に設置する省エネエアコンを購入した世帯で、事業者用は対象外。上限は区外の店舗で購入した場合は1万円となる。6月1日から郵送で申請を受け付けるという。


 北区は6月1日から教育活動を段階的に再開すると5月25日に発表した。小学校・中学校は5月26日(火曜日)~29日(金曜日)のうち登校日を1日程度設け、分散登校し、再開前に学校に慣れるようにする。原則、1学級を2グループに分け、1グループを20人以下とする。分散登校し、30分から1時間程度、学級指導を行う。6月1日からの学校再開からの2週間は、分散登校で教育活動を行い、給食は実施しない。給食は6月15日から再開するという。さらに北区はひとり親家庭への支援として、独自に1世帯当たり5万円を給付すると発表した。対象は北区に居住する児童扶養手当受給世帯(生活保護受給者は対象外)で、世帯数は約1600。申請手続きは不要で、7月中旬に児童扶養手当の振込口座に振り込む。

埼玉工業大学、オンライン授業を全学で開始

 埼玉工業大学(埼玉・深谷市、内山 俊一 学長) は、新型コロナウイルス感染拡大防止策として、全学部(2学部5学科)において5月14日よりオンラインによる遠隔授業を開始した。全学生(2,443名)が遠隔授業に参加して、全体のカリキュラムの約9割となる381 科目で同時双方型のリアルタイム配信の授業を実施している。
 埼工大は、本学を運営する学校法人智香寺学園の松川聖業理事長の方針により、遠隔授業の実施に向けた環境整備を全学教職員の連携により準備に取り組んだ。
 全学生がオンライン授業で円滑に学べるようにビデオ会議システム「Zoom」の操作ガイドを作成し、学生の自宅のPCやネット環境がオンライン授業に対応であることを全員に接続確認した。教員へは遠隔授業の開講に向けて実践的なマニュアルを作成し、全教員を対象にしたZoom講習会を開催して、授業の準備を支援した。またコロナウイルス感染対策により学生が校内へ入構禁止のため、履修登録した科目の教科書を販売店と大学が連携し、各学生の自宅に個別に教科書を送付した。

 全国の大学の中には、オンライン授業の開始初日に学生がアクセスできずに「授業に参加できない」というトラブルが報告されたが、本学では事前準備に注力したことにより、初日からスムースに開始された。特に、最初の授業となった全学生対象の一般共通科目「仏教精神I」では、約300名もの多数の学生が履修者登録していたが、予定どおり全員がオンラインで参加して効果的な遠隔授業が実施された。

●本学の遠隔授業の導入準備
 遠隔授業サポートは特設サイトを設けて、事前に必要な情報を提供して運用している。
https://sites.google.com/sit.ac.jp/online/

AIC鷗州グループのオークランド・インターナショナル・カレッジが、ニュージランドの高校ランキングで1位を獲得

AIC NZ外観

 AIC鷗州グループがニュージランドで展開するインターナショナルスクール「Auckland International College(オークランド・インターナショナル・カレッジ、以下AIC)」が、Crimson Education(クリムゾン・エデュケーション)の高校ランキングで1位を獲得した。クリムゾン・エデュケーションは、オンライン塾や進学カウンセリングを運営しているニュージランドの企業で、昨年から高校ランキングを発表している。

AIC NZの授業風景

 ランキングは以下の観点に基づいて決定された。

  • ニュージランド奨学金またはケンブリッジまたはIBアワードを受賞した学校の最終学年の生徒の割合
  • NCEA、ケンブリッジ、または、IBを通じて大学入学を達成した12年生および13年生の割合
  • Education Review Officeの評価に文化的多様性がキーワードに入っている(Education Review Officeはニュージランドの学校監査団体。ニュージランドの学校は私立、公立を問わず、この団体の監査を受ける)
  • 利用可能なスポーツオプションの数
  • 利用可能な芸術とカリキュラムのオプションの数
  • QS上位20の大学、または「アイビーリーグ」米国の大学に合格した最終年度の学生の割合
  • 民族の多様性
  • NCEA、ケンブリッジおよびIBの「優秀」賞の割合

 AICは、2003年に鷗州コーポレーション(広島県)がニュージーランドに設立したインターナショナルスクール(高校)。すべての生徒が国際バカロレアディプ​​ロマ(IBDP)を学ぶニュージーランドにおいては唯一の高校で、同国内で最も多くのIBDPを学ぶ学生がいる。IBDPスコアは、合格率、中央値、最高成績で一貫して国際平均を大きく上回っており、卒業生は、世界の上位20大学(Times Higher Education World Universityランキング)の90%からオファーを受けている。

クリムゾンが発表した高校トップ10は以下の通り。

(括弧内は昨年のランキング)

1(6)オークランド・インターナショナル・カレッジ(オークランド)

2(2)ACGパーネル・カレッジ(オークランド)

3(1)セント・カスバート・カレッジ(オークランド)

4(11)クリスティン・スクール(オークランド)

5(16)パイン・ハースト・スクール(オークランド)

6(3)マクリーンズ・カレッジ(オークランド)

7(27)セント・ケンティガーン・カレッジ(オークランド)

8(26)セント・アンドリューズ・カレッジ(クライストチャーチ)

9(20)バラデン・カレッジ・オブ・ザ・セイクレッドハート(オークランド)

10(5)スコッツ・カレッジ(ウェリントン)

日本初、世界4例目のサンゴの人工産卵に挑戦。東大発ベンチャーがライブ配信開始

 株式会社イノカ(東京・港区、⾼倉 葉太 代表)は、2020年5月25日(月)より、サンゴを人工的に産卵させる実験をオンラインで公開。水槽の映像を24時間ライブ配信し、世界中から産卵の瞬間に立ち会える体験を提供する。

●下記URLにて、24時間無料ライブ配信中
https://coral.innoqua.jp/
●Twitterアカウントより、最新状況を実況中
https://twitter.com/innoqua_inc

ライブ配信の様子ライブ配信の様子

 今回、イノカでは独自で研究開発を進める「環境移送技術」を用い、虎ノ門にあるオフィスビル内の会議フロア一角にて、産卵実験を行っている。当該水槽は、IoTにより水温を沖縄県 久米島沖の海洋環境と同期させており、40種類を超える多種多様な生物種からなるオフィス観賞用水槽としても開放されている。

 今回の実験に成功すれば、40余りの生物種からなるサンゴ生態系を含む、観賞用途を兼ねた小型水槽内での産卵実験としては世界で初となり、ビルなどの一般的な都市空間において場所を選ばずに人工産卵が可能となるため、サンゴ研究が飛躍的に促進する見通しとなる。

●日時
6月の満月の日(2020年6月7日)から前後2週間
※2020年5月25日(月)〜6月20(土)。産卵次第終了予定。
※サンゴが産卵する可能性がある時間帯は、19:00〜24:00。