Category: 塾ニュース|生活

甲子園出場校 全49校が決まる

 8月2日、第103回全国高校野球選手権大会の地方予選が全て終了し、全49校が出揃った。夏の甲子園大会は、3日16時から組み合わせ抽選会を行い、9日に甲子園で開幕する。

 出場する49校のうち、初出場は東北学院(宮城)、鹿島学園(茨城)、京都国際、新田(愛媛)、東明館(佐賀)の5校。最多出場は北海(南北海道)の39度目で、最多連続出場は作新学院(栃木)の10大会連続。公立校は11校、私立校は38校となった。

 センバツ優勝の東海大相模(神奈川)や星稜(石川)が新型コロナで地方予選を辞退。中京大中京(愛知)、仙台育英(宮城)、14大会連続出場を目指した聖光学院(福島)などの強豪校が敗れる波乱も多かった。

■49代表は以下の通り(※は春夏連続出場)
北北海道 帯広農(39年ぶり2度目)
南北海道 北海(4年ぶり39度目)※
青森 弘前学院聖愛(39年ぶり2度目)
岩手 盛岡大附(4年ぶり11度目)
秋田 ノースアジア大明桜(4年ぶり10度目)
山形 日大山形(4年ぶり18度目)
宮城 東北学院(初出場)
福島 日大東北(18年ぶり8度目)
茨城 鹿島学園(初出場)
栃木 作新学院(10大会連続16度目)
群馬 前橋育英(5大会連続6度目)
埼玉 浦和学院(3年ぶり14度目)
千葉 専大松戸(6年ぶり2度目)※
東東京 二松学舎大附(3年ぶり4回目)
西東京 東海大菅生(4年ぶり4度目)※
神奈川 横浜(3年ぶり19度目)
山梨 日本航空(13年ぶり6度目)
新潟 日本文理(2大会連続11度目)
長野 松商学園(4年ぶり37度目)
石川 小松大谷(36年ぶり2度目)
福井 敦賀気比(3大会連続10度目)※
富山 高岡商(4大会連続21度目)
岐阜 県立岐阜商(9年ぶり29回目)※
愛知 愛工大名電(3年ぶり13度目)
静岡 静岡(2大会連続26度目)
三重 三重(7年ぶり13度目)
滋賀 近江(3大会連続15度目)
京都 京都国際(初出場)※
大阪 大阪桐蔭(3年ぶり11度目)※
兵庫 神戸国際大附(4年ぶり3度目)※
奈良 智辯学園(2大会連続20度目)※
和歌山 智辯和歌山(4大会連続25度目)
岡山 倉敷商(9年ぶり11度目)
広島 広島新庄(5年ぶり3度目)※
鳥取 米子東(2大会連続15度目)
島根 石見智翠館(2大会連続11度目)
山口 高川学園(5年ぶり2度目)
徳島 阿南工・阿南光(25年ぶり2度目)
香川 高松商(2大会連続21度目)
愛媛 新田(初出場)
高知 明徳義塾(2大会連続21度目)※
福岡 西日本短大附(11年ぶり6度目)
佐賀 東明館(初出場)
長崎 長崎商(5年ぶり8度目)
熊本 熊本工(2大会連続22度目)
大分 明豊(4年ぶり7度目)※
宮崎 宮崎商(13年ぶり5度目)※
鹿児島 樟南(5年ぶり20度目)
沖縄 沖縄尚学(2大会連続9度目)

ポケモンのマンホール 倉敷に登場

 岡山県倉敷市に7月27日、世界的人気の「ポケットモンスター(ポケモン)」に登場する人気キャラクターたちをあしらったマンホールの蓋「ポケふた」が、市を代表する観光地の鷲羽山と美観地区周辺に登場した。

 今回提供されたオリジナルデザインの蓋は4種類。ルカリオをはじめ、ポチエナやサルノリやケンホロウたちが、倉敷市のさまざまな景観をイメージして描かれている。

 「ポケふた」は、ポケモンブランドを管理・プロデュースしている株式会社ポケモン(東京・港区)が、全国の自治体の要望に応じる形で同社が提供している。2018年12月に鹿児島県指宿市に「イーブイ」のマンホールが設置されたのを皮切りに、現在、計17都道府県に計193枚が登場しており、岡山県内では初の設置となる。

 全国のポケふた一覧
・鹿児島県:9枚
・岩手県:13枚
・香川県:17枚
・宮城県:35枚
・神奈川県:1枚
・北海道:26枚
・鳥取県:19枚
・福島県:9枚
・東京都:12枚
・滋賀県:2枚
・宮崎県:26枚
・新潟県:4枚
・奈良県:5枚
・青森県:2枚
・京都府:5枚
・沖縄県:4枚
・岡山県:4枚

 設置場所、設置予定日の詳細は『ポケふた』Webサイトで確認できる。
https://local.pokemon.jp/manhole

日本初「みんなの麻雀」オンライン教室

 NSGグループの株式会社チアリーが、2019年10月にイトーヨーカドー綾瀬店6階にて開講した健康麻雀教室「みんなの麻雀」では、2021年8月より、新たに日本初となるオンライン特化型の麻雀教室を開講する。

 パソコンで、ZOOMと麻雀ゲーム「雀魂」を使用し、プロ雀士やインストラクターと一緒に卓を囲みながら、指導を受けたり、他の受講生との交流を楽しめるスタイルだ。特にシニア世代の方にとっては心配なコロナ禍ということもあり、自宅に居ながら安心して、全国どこからでも受講することができる。

「みんなの麻雀」オンライン教室の基本情報
開講時間:レッスン時間 毎月不定曜日 ①10:30-12:00 ②13:00-14:30 ③15:00-16:30
受講料:4,400円(税込み) 1回90分×4回のレッスンへ参加できる
お支払い方法:クレジットカート(オンライン決済)

天皇陛下五輪開会宣言の不起立問題 組織委がアナウンスミスで謝罪

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は7月27日、東京五輪の開会式で大会名誉総裁を務める天皇陛下が、開会を宣言された際、菅義偉首相と東京都の小池百合子知事が着席したままで、途中で慌てて起立した件について、台本にあった起立を促す場内アナウンスが流れなかったと説明した。

 組織委によると、台本では、陛下が開会を宣言される前に、起立を促す場内アナウンスを流すこととなっていた。

 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長がスピーチからそのまま宣言へ至る流れをつくってしまったため、陛下が開会を宣言される前に、起立を促す場内アナウンスを流すタイミングを失った。

 組織委の高谷正哲スポークスパーソンは「関係者に混乱が生じたと認識している。申し訳ない」と謝罪した。

日本漫画家協会賞 コミック部門大賞「鬼滅の刃」

 日本漫画家協会は7月26日、第50回日本漫画家協会賞を発表した。コミック部門の大賞に吾峠呼世晴さんの「鬼滅の刃」(集英社)、カーツーン部門の大賞にジョルジュ・ピロシキさんの「NEW NORMAL!」(自費出版)が決まった。賞金は各50万円。

 選考委員会は選考理由について「鬼滅の刃は熱気あふれる感動作で、漫画がここまで多くの人の心を動かせるということを示した。敬意を表したい」とした。

 文部科学大臣賞は、同協会の漫画家が絵付けなどに参加した東日本大震災の復興支援アートプロジェクト「起き上がりこぼしプロジェクト」に決まった。発案者の1人で昨年死去したファッションデザイナー高田賢三さんへの、追悼の意味も込めた。

東京五輪開会式 視聴率56・4% 最高視聴率61・0%

 ビデオリサーチは、7月23日19時56分~23時51分にNHK総合で生中継された「東京2020オリンピック・開会式」の平均世帯視聴率は56・4%(関東地区)だったと発表した。2008年北京五輪の37・3%を大きく上回り、1964年東京五輪の61・2%に迫る数字だ。瞬間最高視聴率は61・0%(20時25分、20時26分、20時47分)だった。

 瞬間最高視聴率に達した20時25、26分は歌手・MISIA(43)による国家斉唱が終わり、故人を追悼する「MOMENT OF REMEMBRANCE」の中で俳優・ダンサーの森山未來(36)がダンスパフォーマンスをした場面。20時47分は各国選手団が入場し始めた場面だった。

 また、「どれくらいの家庭で見られたか」を示す世帯視聴率に対し、「誰がどのくらい見たか」を表し、より実態に近いとされる個人視聴率は40・0%だった。

夏の甲子園 スタンドへの入場は学校関係者のみ

 日本高野連と朝日新聞社は7月21日、臨時運営委員会を開き、第103回全国高校野球選手権大会を無観客で開催すると発表した。一般観客への入場券は発売せず、スタンドへの入場は学校関係者に限定。大会前には代表校関係者、大会関係者のPCR検査を実施する。

 8月9〜25日に甲子園で開催される。組み合わせ抽選会はオンラインで、8月3日午後4時から実施される。

 首都圏や大阪府などで新型コロナウイルス感染が再び拡大傾向にある。感染力が強いと言われる変異株の脅威もあり、第5波も懸念されている。

 代表校関係者は計3回(大会前、初戦勝利後、準々決勝後)、大会関係者は計2回(大会前、8月17日)のPCR検査を実施する。

 また、米国の今後の新型コロナ感染状況が見通せないとして、高校日本代表チームが出場を予定していたU18W杯(米フロリダ州、9月10~19日)への派遣中止も発表した。

カタリバ、伊豆山土砂災害で被災した子どものための居場所「カタリバパーク」を7/22より開設

 認定特定非営利活動法人カタリバ(東京・杉並区、今村 久美 代表理事)は、静岡県熱海市伊豆山地区で発生した土石流で被災した子ども支援のための居場所開設、及び学習支援を、2021年7月22日(木)より開始すること発表した。

■夏休みが始まり、学校にも学童にも居場所がない被災地の子どもたち
 2021年7月1日から続く大雨によって、土石流の被害を受けた静岡県熱海市をはじめ、鳥取県、島根県、九州地方など全国各地で被害が報告されている。

 カタリバの、災害時子ども支援 「sonaeru(ソナエル)」プロジェクトチームは、発災後の7月6日より現地入りし情報収集を開始、熱海での子ども支援のニーズ調査を行ってきた。発災直後は、人命救助、二次災害予防・対応、など、重要かつ対応すべき事項が山積みな中で、被災地の方々とコニュニケーションを取ること自体が難しい状況もあったが、発災から2週間が経ち、徐々に現地の状況が見えてきた。

■子どもの居場所「カタリバパーク」開設。パートナーの協力を得て
 2021年7月22日(木)より、避難所となっている熱海 金城館のスペースを借り、子どもたちのための居場所「カタリバパーク」を開設する。カタリバパークでは、子どもたちが安心・安全に過ごせる居場所を提供するほか、カタリバが創立以来20年で培ったノウハウをもとに、子どもたちへの伴走・学習支援も行う。ただ居場所を提供するだけではなく、子どもたちの心の安心につながる、学ぶ機会から取り残されないことを意識した、包括的な支援を行っていく。
「sonaeru」では、災害発生時に子どもたちへの支援を一刻も早く届けることを目的とし、自治体・企業と事前にアライアンスを組んでおくという仕組みを整えており、今回の支援においても、アライアンス・パートナーの方々の協力を得て子どもたちの支援が実現している。

▼今回支援に関わるアライアンス・パートナー・特定非営利活動法人日本教育再興連盟(ROJE)
・特定非営利活動法人ezorock
※2021年7月21日現在。上記2社に加えて複数社調整中

また、上記の連携のほか、今回新たに協力が決定した以下の企業・団体とも現地支援の連携を行っていく。
・NPO法人しずおか共育ネット
・HUBlic合同会社(CLUB HUBlic)
・株式会社machimori(guest house MARUYA)

■「カタリバパーク」内イベントに参加できるボランティア募集予定
「みんなの遊び場・カタリバパーク in 熱海」では今後、子どもたちが楽しめるイベント等のボランティアを熱海市内在住の方を優先に募集する予定だ。後日、詳細が決まり次第、カタリバのWebページ内で発表する。

■「みんなの遊び場・カタリバパーク in 熱海」概要

場所    :伊東園リゾート 熱海 金城館内のスペース
対象      :伊豆山土砂災害によって避難生活中の4歳~12歳(小学6年生)
内容    :避難中の子どものための居場所・学習支援
開始日       :7月22日(木)~8月23日(月)、8月28日(土)、29日(日)
開催時間    :9:00-17:00
※現地の状況により、内容が変更になる可能性があります。

 今回の支援は、日頃よりカタリバを応援している支援者の寄付にて実現している。(現在、今回の支援に特化した寄付募集は行っていません)被災地域の一日も早い復興を心からお祈りしております。

熱海 土石流 災害ボランティアの活動を開始

 静岡県熱海市伊豆山地区で7月21日、土石流で被災した地域のボランティア活動が開始した。ボランティアは、家屋からの泥出しや歩道の土砂の撤去を担った。

 市社会福祉協議会に事前に登録していた熱海市民10人が参加した。市社協職員から熱中症対策について話を聞いたあと、マイクロバスに乗り込んで現場に向かった。

 伊豆山地区では土石流が起きたあとも土砂崩れの危険があるとして、ボランティアを受け入れてこなかった。19日に多くの地域で立ち入り規制が解除されたことを受けて、地区での活動開始を決めた。

 市社協によると、これまでに3790人の登録があるという。当面は市の災害ボランティアセンターのホームページなどを通じ事前登録した人のうち、熱海市民に限って連日受け付けをする方針だ。今後、状況に応じ市外の登録者についても受け付けを検討し、活動を本格化させたいとしている。

夏休みの自由研究にも役立つ特設Webサイト「マフ塾」、7月16日オープン

 農林水産省は、令和3年度「こども霞が関見学デー」の一環として、夏休みの自由研究にも役立つ27のオンラインプログラムを掲載した特設Webサイト「マフ塾」を7月16日よりオープンする。
 今年は、農林水産省初のライブ配信企画「官僚YouTuber電話相談室」をはじめ、全国どこからでも農・林・水を学べるコンテンツを用意している。「マフ塾」のまふは、農林水産省の英語略称「MAFF(まふ)」の名前を使用した造語。

1.「こども霞が関見学デー」について
「こども霞が関見学デー」は、霞が関に所在する文部科学省をはじめ、各府省庁等が連携し、所管の業務説明や関連業務の展示等を行うことにより、夏休み期間中に子供たちに広く社会を知ってもらうこと、政府の施策に対する理解を深めてもらうこと、活動参加を通じて親子の触れ合いを深めてもらうことを目的とした取組。今年度はオンラインプログラムとして実施する。

2.「マフ塾」について
〇開催期間
令和3年7月16日(金曜日)から8月20日(金曜日)(36日間)
〇URL
https://www.maff.go.jp/j/kids/kodomo_kasumi/2021/index.html

3.その他
(1)詳細は農林水産省Webサイト「こども霞が関見学デー」へ。
また、農林水産省公式ツイッター、公式フェイスブックでも情報を公開している。
〇農林水産省Webサイト:こども霞が関見学デー
https://www.maff.go.jp/j/kids/experience/k_d/
〇農林水産省公式ツイッター
https://twitter.com/MAFF_JAPAN
〇農林水産省公式フェイスブック
https://www.facebook.com/maffjapan
(2)プログラムの内容は現段階のものであり、今後変更することがある。
(3)地方農政局等の地方出先機関や関係する独立行政法人等においても、子供向けイベントを予定している。